CCI通信の複数NICサポート可否について

Document created by Naruhiro_Yoneshige Employee on Jul 30, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:            JTEC002256

製品名:                NSM

バージョン:           -

OS:                     -


Question

Unicenterエンタープライズ管理がインストールされているサーバが複数のNICを持っている場合があります。それぞれのNICには異なるIPアドレスが実装されています。

それぞれのIPアドレスで複数のCCI通信を同時に確立することが可能かどうか教えて下さい。

 

Answer

エンタープライズ管理が使用するCCIプロトコルは、一つのIPアドレスのみをバインドします。
同時に複数のIPアドレスをバインドすることはできません。
但し、複数のIPアドレスを実装した環境においては、CCIリモートサービスの制御ファイルの設定によりどちらかの単一IPアドレスをバインドするかを指定することが出来ます。

CCIリモートサービスの制御ファイルは以下の場所にあります。
Windows
<NSM導入パス>\CAIUSER\ccirmtd.rc

Unix/Linux
<NSM導入パス>/cci/config/ホスト名/ccirmtd.prf

ファイル内に記述されたそれぞれの設定の意味を以下に示します。

LOCAL = <TCP Name> <CCI Name> <Buffer Size> (Startup Options)

TCP Name は、バインドしたいIPアドレスに割り当てられたTCP/IP上のノード名を指定します。
CCI Name は、コンピュータのホスト名を指定します。
(*1) Unix/Linux では、uname -n コマンドの返す値が CCI Name となります。
(*2) Windows では、hostname コマンドの返す値が CCI Name となります。

CCI設定ファイルを変更された場合、変更を有効にするためNSMサービスを再起動して下さい。

Attachments

    Outcomes