VBスクリプトをUnicenterワークロードジョブから実行できない

Document created by Naruhiro_Yoneshige Employee on Jul 30, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:            JTEC002255

製品名:                NSM ジョブ管理オプション

バージョン:          -

OS:                    Windows


Question

Visual Basic スクリプト(拡張子 .vbs) をUnicenterワークロードジョブとして実行する場合、実行ファイル名に直接 .vbs ファイルを指定して実行すると、サブミッション失敗 (SUBFLステータス)となります。また CASH_E_0148 メッセージの理由フィールドには理由を示すものが何も表示されません。

 

Answer

Windows環境で実行するジョブでは、Unicneterワークロードジョブの実行ファイルに直接ファイル名として指定可能なファイル拡張子は以下の3つです。

.BAT
.EXE
.CMD

上記の3種類以外の拡張子のファイルをジョブの実行ファイルとして直接指定することは出来ません。別途 .BAT ファイルを作成していただき、その中でお客様の実行ファイルを記述し、ジョブの実行ファイルには .BATファイルをご指定下さい。

Attachments

    Outcomes