メッセージアクション・コンソールログでのコマンド投入時に実行が拒否されてしまう

Document created by Naruhiro_Yoneshige Employee on Jul 30, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:            JTEC002252

製品名:                NSM

バージョン:          -

OS:                    -


Question

メッセージアクション実行時や、イベントコンソールログのコマンド欄からのコマンド投入や、ホールドメッセージを右クリックにて「認識」するなどの操作をするときに、コンソールログに以下のメッセージが出力されます。

”%CAOP_E_513,コマンドの実行が拒否されました:実行権限がセキュリティ管理から承認されません。”

このメッセージを回避し、コマンド操作やメッセージアクションが正しく実行される方法をおしえてください。

 

Answer

このメッセージは、コマンド・メッセージアクションなどを実行する権限を持つユーザ以外で操作しようとした場合に表示されます。
マネージャ・エージェント共に、デフォルトではインストールユーザのみがその権限を持っています。命令を実行するマシンにおいて、
以下の設定変更を実施してください。

<GUIを使う場合(マネージャマシンのみ有効)>

1.マネージャマシンにて、設定画面GUIを開く(コマンドプロンプトからは、"caugui settings")

2.「クライアント設定」+「イベント管理」タブを選択

→複数の項目が表示されます。

3.「コマンド発行する権限付加ユーザ」の値を変更する

→「ユーザ名@マシン名」の書式で、現在の設定に追加してください。

 マシン名は、ユーザの所属するマシン名を記入してください。

 ユーザが複数の場合は、コンマ(,)を使用してください。

例:User1@マシンA,User2@マシンB

注)カンマ区切り時にスペースを入れないよう、ご注意ください。表記形式の詳細については、カーソルを合わせたままF1キーを押し、ヘルプをご参照ください

4. 設定値の変更を有効にするため、Unicenterの再起動を行ってください。

→ unicntrl stop all, unicntrl start all

<コマンドで設定を変更する場合(マネージャ・エージェント)>

以下のコマンドで変数の変更をし、設定を変更してください。

変数名 : CA_OPR_AUTH_LIST

コマンド実行例)

\> unicntrl stop all

\> cautenv setlocal CA_OPR_AUTH_LIST Administrator@マシン名,user01@host01,user02@host02,user03@host03

\> unicntrl start all

 

また、CA_OPR_AUTH_LIST のインストール直後のデフォルト値は、

<インストールユーザ>@マシン名

となります。

Attachments

    Outcomes