root以外のユーザで、cadbにアクセスする方法

Document created by shunsuke_katakura Employee on Jul 30, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:            JTEC002235

製品名:                NSM

バージョン:           -

OS:                     -


◆ 障害内容/詳細内容

CAIUNIDBにアクセスできるユーザは、デフォルトでrootとcadbのみです。
この文書では、他のユーザでCAIUNIDBにアクセスできるようにする方法を説明します。
この操作は、Admin Clientからroot以外のユーザでサーバ(UNIX)へログインして、GUIでCAIUNIDBのデータ(イベント管理、ステーション、カレンダ)にアクセスするために必要です。

 

 

◆ 回避方法/設定方法

CAIUNIDBにアクセス権限を持つユーザを追加します。

  1. $CAIGLBL0000/db/scripts/.addusrファイルを編集します。
    このファイルの下から4行目ほどに以下の行があります。

    add root,cadb TO group unigrp;
    この行をコメントにしてください。
    変更後) /* add root,cadb TO group unigrp; */

    また、このファイルの下から3行目ほどに以下の行があります。

    /* add (userid) TO group unigrp; */
    この行のコメントを外し、userid)の部分を、追加するユーザ名と入れ替えてください。
    例)add testuser TO group unigrp;

  2. $CAIGLBL0000/db/scripts/uni_db_addusrコマンドを実行します。

●権限の確認方法

  1. SQLを起動します。
    #$CAIGLBL0000/cadb/system/sql

  2. SQLからselect文を実行します。
    SQL:connect caiunidb;
    SQL:select * from system.group;
    この結果、ユーザ名が表示されればアクセス権が付加されています。

    例)
    SQL: select * from system.group;
     
    ----------------------------------------
    USERIDGROUPID OWNER NMEMBERS
    ----------------------------------------
    UNIGRPUNIGRPCADB2
    ROOTUNIGRPCADB0
    TESTUSER UNIGRPCADB0
    ----------------------------------------

    SQL:release;
    SQL:quit;

  ●権限を取り消す方法

  1. SQLを起動します。
    #$CAIGLBL0000/cadb/system/sql

  2. SQLからremove文を実行します。
    SQL:connect to caiunidb;
    SQL:remove <ユーザ名> from group unigrp;
    SQL:release;
    SQL:quit;

Attachments

    Outcomes