Cautilの結果をテキストファイルに出力する方法

Document created by shunsuke_katakura Employee on Jul 30, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:            JTEC002240

製品名:                NSM

バージョン:           -

OS:                     -


◆ 詳細内容

cautil listコマンドの結果をテキスト形式でファイルに出力する方法について

◆ 回避方法/設定方法


Windows版:
例)   TNGコンソールログをファイルに出力する方法
C:\>cautil select conlog list conlog output=<出力ファイル名>

TNGコンソールをcsv形式に出力する方法
C:\>cautil select conlog list conlog output=<出力ファイル名.csv>
出力ファイル名の拡張子は必ず(.csv)にして下さい。

TNGコンソールログ以外の情報をファイルに出力する方法
C:\>cautil -csv select jobset id=* list jobset

 

 

注意) output=オプションを付けてTNGコンソールログをファイルに出力した場合、
TNGコンソールGUIと同様にフォーマットされ出力します。
但し拡張子(.csv)は除く。
又、出力ファイル名に拡張子を付けずに指定した場合、自動的に拡張子(.txt)を付加します。
拡張子に(.txt,.csv)以外を付けて指定した場合、自動的に拡張子(.txt)に変更します。
-csvオプションを付けてTNGコンソールログ以外の情報を出力した場合、
カレントドライブ\TNGインストールフォルダー\TMPに出力ファイルを作成します。
ファイル名はコマンド実行後、画面に表示します。

 

 

UNIX版:
例)   UNIX版の場合は、ファイルにリダイレクトする事でフォーマットされ出力します。
#cautil select conlog list conlog > 出力ファイル名
#cautil select jobset id=* list jobset > 出力ファイル名

TNGコンソールログをcsv形式でファイルに出力したい場合は、output=オプションを使用する事が可能です。
#cautil select conlog list conlog output=<出力ファイル名.csv>
注意)UNIX版もNT版同様、outputオプションを使用できますが、
このオプションはTNGコンソールログをcsv形式に出力したい時のみ有効です。
TNGコンソールログ以外の情報をoutputオプションを付加し使用した場合、.
.CAI_F_PS_041&.CAI_F_PS_047エラーを出力します。
又、このオプションはUnicenter TNG2.1E 英語版では使用できません。
Unicenter TNG2.1E 英語版でoutputオプションを使用した場合も上記のエラーメッセージを出力します。
又、outputオプションの出力ファイル名に拡張子(.csv)以外を付加した場合、画面上に情報を出力します。
但し空ファイルは作成されます。
 

Attachments

    Outcomes