ACF2MS17:特定のフィールドを持つ全てのLOGONIDの非ビット・フィールドを最も簡単に変更するには?

Document created by Tomoyoshi_Urayama Employee on Jul 31, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC002012

製品名:CA ACF2 for z/OS

バージョン:ALL

OS: z/OS

 

Question

 

CHANGEコマンドにおいてIFパラメータを指定する場合、ビット・フィールドは変更できますが非ビット・フィールドは変更できません。
特定のフィールドを持つ全てのLOGONIDの非ビット・フィールドを最も簡単に変更するにはどうすれば良いでしょうか? 

 

Answer

 

次の2つの手順で対応できます。PSWD-VIOフィールドの値が3以上の全てのLOGONIDについて、PSWD-VIOを0に変更したいと仮定します。

---第一ステップ---
最初にPSWD-VIOが3以上の全てのLOGONIDのリストが必要になります。そのリストが小さければ(つまり、LOGONIDの数が少なければ)、下記のコマンドで容易にリストを入手できます:

ACF
SET TERSE
L IF(PSWD-VIO GT 2)

もしリストが大きければ、REPORT(SHORT)を指定してACFRPTSLユーティリティを実行する方が良いでしょう。サンプルのJCLはこちらです:

//SAMPLE JOB 1, 'ACFRPTSL REPORT',MSGCLASS=A
//REPORT EXEC PGM=ACFRPTSL
//SYSPRINT DD SYSOUT=*
//SYSIN DD *
TITLE(ALL LIDS PSWD-VIO OVER 2)
REPORT(SHORT)
INPUT(ACF2)
IF(PSWD-VIO > 2)
SFLDS(PSWD-VIO)
DTCFIELD(NO)
/*

サンプルの実行結果
eTrust CA-ACF2 SECURITY - ACFRPTSL - LOGONID SUPERLIST REPORT - PAGE 1
DATE mm/dd/yy (yy.ddd) TIME hh.mm ALL LIDS PSWD-VIO OVER 2

LOGONID NAME PSWD-VIO
-------- ---- --------
USER001 USER NAME 1 3
USER002 USER NAME 2 4
USER003 USER NAME 3 3
USER004 USER NAME 4 5

---第二ステップ---
第一ステップで入手したリストに沿ってACFBATCHユーティリティ用のJCLを編集し、ジョブを実行します。サンプルのJCLはこちらです:

//... JOB
//ACFBATCH EXEC PGM=ACFBATCH
//SYSPRINT DD SYSOUT=*
//SYSIN DD *
CHA USER001 PSWD-VIO(0)
CHA USER002 PSWD-VIO(0)
CHA USER003 PSWD-VIO(0)
CHA USER004 PSWD-VIO(0)
//

Attachments

    Outcomes