ACF2MS19:TSOのログオン/ログオフ処理の履歴レポートを取得する方法はありますか?

Document created by Tomoyoshi_Urayama Employee on Jul 31, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC002014

製品名:CA ACF2 for z/OS

バージョン:ALL

OS: z/OS

 

Question

 

TSOのログオン/ログオフ処理の履歴レポートを取得する方法はありますか?

 

Answer

 

UPDATEパラメータを指定してACFRPTLLユーティリティを実行すると、レポートに正常なログオンのエントリーが表示されます。

CHANGEフィールドにおいてUPDATEと表示されるエントリーがログオン処理のものです。
TSOログオンの場合、JOBNAMEフィールドにはMSTJCL00と表示されます。
このユーティリティはTSOログオンについては役立ちますが、NO-STATS属性が指定されているMUSASS(Multi User Single Address Space System)

リージョンの場合は全てのログオンが表示されるわけではありません。例えばもしTCP/IPリージョンにNO-STATS属性が指定されている場合、ACFRPTLLレポートには一日の中の最初のログオンしか表示されません。

下記はACFRPTLLレポートのサンプルです:

DATE 12/18/98 (98.353) TIME 14.49 DETAIL UPDATE TIME(S) DATE              TIME  LOGONID JOBNAME CHANGER CHANGE CPU USING FIELD             OLD VALUE                           NEW VALUE  98.352 12/17 12.18.24 USERO1 MSTJCL00               UPDATE CPUA *** NO FIELDS CHANGED ***  

ACFRPTLLの他に、通常パスワード違反のレポートを取得するのに使用されるACFRPTPWユーティリティを、場合によっては使用する事もできます。

MON-LOG属性がLOGONIDに指定されているのであれば、正常なログオンのエントリーがACFRPTPWレポートに表示されます(RC=254のエントリー)。

各ユーティリティの詳細はReport and Utilities Guideに、MON-LOG属性の詳細についてはAdministrator Guideにおいて記述されています。

ACF2はログオフ処理についてはレポートを生成する事ができません。ACF2がログオフ処理に対してはSMFレコードの書き出しを行わない為です。

Attachments

    Outcomes