[アクション解説] ファイルやフォルダをZIPファイルに圧縮するには

Document created by Yasuyuki_Miura Employee on Oct 26, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
文書番号JTEC002316
製品名CA Release Automation
バージョン5.x
OSWindows, UNIX, Linux

 

このドキュメントでは、ファイルやフォルダをZIPファイルに圧縮する方法について説明します。

アクション タイプとして、[Create ZIP file]を利用します。

 

001.png

 

入力項目

Source Path

圧縮したいフォルダまたはファイルをフルパスで指定します。

 

Zip File Path

圧縮したファイルの出力先を、フルパスで指定します。

圧縮対象のフォルダ名およびファイル名は、UTF-8でエンコードされています。 そのため、環境やご利用になられている解凍ツールによっては、展開した時に文字化けが発生することがあります。

 

Windowsに関しては、Microsoft社から、修正モジュールが提供されていますので、ご確認ください。

 

Windows 7 または Windows Server 2008 R2 では、.zip ファイルの解凍後のファイル名が破損しています

 https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/2704299

 

尚、アクション タイプ [Create ZIP file]を利用して作成されたZIPファイルを、アクション タイプ [Extract ZIP]で展開した場合には、文字化けは発生しません。

 

Files Filter

[Source Path]に指定したフォルダまたはファイルに対して、圧縮対象とするファイルの条件を指定できます。

[Regular Expression Filter]の設定により、ワイルドカードまたは正規表現が利用できます。

 

File Exclude Filter

[Source Path]に指定したフォルダまたはファイルに対して、圧縮対象から除外するファイルの条件を指定できます。

[Regular Expression Filter]の設定により、ワイルドカードまたは正規表現が利用できます。

 

Directory Exclude Filter

[Source Path]に指定したフォルダに対して、圧縮対象から除外するフォルダの条件を指定できます。 [Source Path]からの相対パスで指定します。

[Regular Expression Filter]の設定により、ワイルドカードまたは正規表現が利用できます。

 

Include Root Folder

[Source Path]にフォルダを指定した場合、そのフォルダを圧縮ファイルに含めるか指定します。

- True   フォルダを含める (初期設定)

- False  フォルダを含めない

 

Include Sub Folders

[Source Path]にフォルダを指定した場合、サブフォルダも圧縮ファイルに取り込むか指定します。

- True   サブフォルダを圧縮ファイルに取り込む (初期設定)

- False  サブフォルダは圧縮ファイルに取り込まない

 

Regular Expression Filter

フィルタ設定に、ワイルドカードを利用するか、正規表現を利用するか指定します。

- True   正規表現を利用する

- False  ワイルドカードを利用する (初期設定)

 

尚、■は、必須項目となります。

Attachments

    Outcomes