pdm_publish実行後、カスタムテーブル上のデータが削除される。

Document created by Kaori_K Employee on Oct 27, 2015Last modified by Kaori_K Employee on Apr 1, 2016
Version 5Show Document
  • View in full screen mode
文書番号JTEC002372
製品名Service Desk Manager
バージョン12.6, 12.7, 12.9
OSWindows

 


 

◆ Description

 

MDB データベースを元のサーバから、コピー先のサーバにコピーし、スキーマデザイナーでダミーの変更を行った後 pdm_publish を実行すると、カスタムテーブル (zxxx テーブル) 上のデータがすべて削除されます。

 

◆Solution

 

pdm_publish 実行時、pdm_publish はすでに存在するカスタムテーブルを削除し、テーブルの再作成を行うため、カスタムテーブルが一度削除された際に、カスタムテーブル上のデータも削除されます。

そのため、以下のように元のMDBデータベースより pdm_extract コマンドでカスタムテーブルのデータを抽出し、コピー先のサーバで pdm_load を実行し、データをロードする必要があります。

 

※ 追加されたカスタムテーブルのテーブル名は、wsptbl テーブルで確認することができます。

 

1. コピー元のサーバでコマンドプロンプトを起動し、pdm_extract コマンドを実行し、データの抽出を行います。

 

例: ztest01 テーブルからデータの抽出を行う場合

         pdm_extract ztest01 > ztest01.dat

 

2. ztest01.dat をデータが消えてしまったコピー先のサーバにコピーします。

 

3. コピー先のサーバでコマンドプロンプトを開き、pdm_load コマンドを実行してデータをロードします。

例:

         pdm_load -f <ztest01.dat のフルパス>

※ ファイルを指定する際、ztest01.dat へのフルパスを指定してください。

Attachments

    Outcomes