必須項目が未入力のインスタンスをオブジェクトのリスト画面で保存した場合について

Document created by Hatori_Tomomichi Employee on Oct 30, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC002377

対象製品: CA Clarity13.x Clarity 14.x

プラットフォーム: Windows


◆ 質問

オブジェクトのリストにおいて、必須項目が未入力の状態でインスタンスの保存が出来る現象が発生しています。

本現象は必須項目とする前にインスタンスを作成していた場合に発生しますが、回避方法はありますでしょうか?

 

◆ 回答

この事象はオブジェクトのリストにおいて発生しており、個々のインスタンス画面から必須でない項目を修正した後に保存した場合には

エラーが発生して必須項目のインスタンスの入力が促されます。

そのためオブジェクトのリストにおいて必須項目のインスタンスを修正できないようにするべく、対象の項目を絞り込んだ上でリストの対象フィールドの

「編集を許可」のチェックボックスを外してください。

 

これによりオブジェクトのリストから必須項目のインスタンスを修正することおよび保存することはできなくなりますので、それぞれのプロパティ画面から

必須項目のインスタンスについて修正および保存を行ってください。

 

リストの対象フィールドの設定例:

JTEC002377.jpg

Attachments

    Outcomes