CA APM Enterprise Manager 10.0へのアップグレードでWebサーバ用の設定ファイルが正しく更新されない。

Document created by Toshikazu_Toyama Employee on Nov 12, 2015Last modified by Toshikazu_Toyama Employee on Nov 13, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:JTEC002388

製品名 CA APM
Enterprise Manager

バージョン 10.0.0

OS All

CA APM Enterprise Manager 10.0へのアップグレードでWebサーバ用の設定ファイルが正しく更新されない

 

概要

CA APM 9.xからCA APM 10.0にEnterprise Mangerをアップグレードした場合、Enterprise Managerに組み込まれているWebサーバの設定ファイル(em-jetty-config.xml)に”CertAlias”の情報が追加されません。

この状態でEMのWeb ServerをSSLで起動した場合、正しくコミュニケーションができないことがあります。

 

詳細内容

CA APM 10.0でWebサーバの設定ファイル(em-jetty-config.xml)に”CertAlias”プロパティが新たに追加されました。

(em-jetty-config.xmlファイルは <EM_Home>/config ディレクトリにあります。)

 

CA APM 9.xからCA APM 10.0にアップグレードした場合にWebサーバの設定ファイル(em-jetty-config.xml)に<Set name="certAlias">wily</Set>が追加されません。

(新規でCA APM 10.0をインストールした場合には問題ありません。)

 

 

回避策

CA APM 10.1にアップグレードする事でCertAliasの情報は追加されます。

 

◆ その他(注意事項)

アップグレード前にWebサーバ設定ファイル(em-jetty-config.xml)を変更している場合、アップグレード後に新たなWebサーバ設定ファイル(em-jetty-config.xml)で上書きされます。

アップグレード前にem-jetty-config.xmlファイルをバックアップし、アップグレード後にバックアップファイルからカスタマイズした情報をアップグレード後のem-jetty-config.xmlに反映してください。

Attachments

    Outcomes