CAPCとData Aggregatorの両方に情報が存在するオブジェクトについて

Document created by Naruhiro_Yoneshige Employee on Dec 9, 2015Last modified by Naruhiro_Yoneshige Employee on Mar 17, 2016
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC002421

製品名:  CA Performance Center / CA Infrastructure Management

バージョン: 2.x

OS: Linux

 

Question

CAPCData Aggregatorの両方に情報が存在するオブジェクトにどのようなものがあり、それらをRESTで処理するにはどのような注意点がありますか?

 

Answer

CAPCData Aggregatorの両方に情報が存在するオブジェクトとしては(バージョン2.5.0での場合)、

Business Hours, Devices, Groups, IP Domains, SNMP Profiles, Tenantesなどがあります。

 

これらのオブジェクトは、CAPCから登録が行われると、その内容がData Aggregatorに同期が取られ両方に情報を持ちます。

CAPCのオブジェクト一覧は、http://<CAPC>:8181/pc/center/rest で参照できます。

これに対応するData Aggregatorのオブジェクト一覧は、http://<DA>:8581/rest で参照できます。

 

RESTを使用してオブジェクト削除をする場合は、CAPC側に対して行ってください。結果がData Aggregatorにも反映されます。

逆にData Aggregator側に対して削除を行った場合は、CAPCのオブジェクトが残ってしまいますのでご注意ください。

Attachments

    Outcomes