removeac.exeコマンド使用時の注意事項

Document created by konsh01 Employee on Dec 10, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC002400

製品名: CA Privileged Identity Manager Windows

バージョン: ALL

OS: Windows

 

内容

トラブルシューティングガイド(r12.8)「第 2 章: CA Access Control エンドポイントおよびサーバ コンポーネントのインストール」のトピック「アンインストール中に手動でレジストリ キーを削除するときにエラーが発生する」の中でremoveac.exeが紹介されていますが、removeac.exeコマンド使用時の注意事項を以下に記載します。

 

詳細

removeac.exeコマンドを使用するとサービスおよびドライバも削除されますが、ドライバの中でcainstrm.sysが削除されないことがわかっています。そのため以下の手順でcainstrm.sysの削除を手動で行ってください。

 

コマンドプロンプトから下記コマンドを実行。

C:\> sc query cainstrm

「指定されたサービスはインストールされたサービスとして存在しません。」と出力されたときはcainstrm.sysが削除済みなので対処不要。

 

C:\> sc delete cainstrm

手動でcainstrm.sysを削除。

 

マシンをリブート

Attachments

    Outcomes