CA Privileged Identity Manager 12.7 のサポート終了のお知らせ

Document created by Masayasu_Sato Employee on Jan 18, 2016
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

2015 年 5 月
CAJ-2170-CS-SUPP

お客様各位

CA Technologies

CA Privileged Identity Manager 12.7 のサポート終了のお知らせ

 

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、弊社では、日々進化するお客様のビジネスの要件を満たすソフトウェアおよびそのサービスを提供できるよう常に改善に努めております。

このたび、弊社サポート ポリシーに従い、現在提供中の CA Privileged Identity Manager v12.7 のサポートを 2016 年11月15日で終了することとなりますのでご了承をお願いいたします。

今回の決定により、弊社の開発部門のリソースを、CA Privileged Identity Manager の次期リリースに重点的に配置し、製品価値を高めることが可能となります。

お客様には、この機会にできるだけお早めに CA Privileged Identity Manager v12.9  への移行をご検討いただき、以下のような最新バージョンの機能や改善点を十全に活用されますことをお勧めいたします。

  • Shared Account Management のプロキシ設定(RDP および

この新機能は、セキュリティの強化に役立ちます。また、この機能により、管理クライアント マシン上の ActiveX コントロールが不要になります。これまでにリリースされた CA PIM では、管理者が Shared Account Management サーバにパスワードを要求し、そのパスワードが(暗号化され)クライアント マシンに渡されていました。その後、パスワードは、クライアント マシン上で動作する ActiveX コントロールを通じてターゲット マシンに渡されていました。

  • アクティブ セッションの停止

これまでにリリースされた PIM では、CA PIM が制御しているシステム上のすべてのアクティブ管理セッションを表示できましたが、そのセッションのリスク レベルが高いと判断されるときにセッションを停止できませんでした。PIM 12.9 では、アクティブ セッションを検索できるのみでなく、終了させる必要のある不正セッションが存在する場合にはそれらを停止できます。これにより、セキュリティが強化されます。また、システムやデータに損害を与える可能性のある不正な管理者操作のリスクを軽減できます。

  • プロキシ動作に関するセッション記録

この機能により、セキュリティ管理者は、プロキシ サーバを介してアクセスされた特権セッションを記録できます。このソリューションでは、画面上のすべての動作が最大限の解像度で記録されます。その後、スーパー管理者は、DVR と同様の操作でセッションを検索および再生できます。記録は、暗号化されて保存され、特権セッションの終了直後から利用可能になります。高度なポリシーにより、記録可能なエンドポイントを指定できます。このソリューションでは、ユーザの動作を変更する必要がなく、監視対象へのエージェントのインストールも不要です。また、ユーザのデスクトップ上で ActiveX コントロールが動作している必要もありません。

  • 拡張されたサービス デスク統合

サービス デスク アプリケーションの統合は、アカウント アクセスの管理を簡素化できるため、重要な機能です。たとえば、アカウントへのアクセスを要求すると、サービス デスク チケット番号の入力を求められます。その後、CA PIM は、正しいチケット番号が入力されたかどうかを検証します。これまでにリリースされた PIM では、サポートされるアプリケーションは、CA Service Desk Manager のみでした。PM 12.9 では、この統合が拡張され、以下のアプリケーションがサポートされるようになりました。 

  • CA Service Desk Manager
  • CA Cloud Service Manager
  • ServiceNow
  • HP Service Manager
  • BMC Remedy



本製品に関する詳細情報は、「CA Support Online(CA サポート オンライン)」(http://support.ca.com/)の CA Privileged Identity Manager 製品ページにて公開しております。

アップグレード支援につきましては、以下のサービスを提供しております。

  • 有効な保守契約をお持ちのお客様につきましては、サポート終了が予定されているバージョン/リリースから新しいバージョン/リリースへのソフトウェア アップグレードは無償です。

 

  • 新しいバージョン/リリースへのアップグレードをサポートするドキュメントは、「CA Support Online(CA サポート オンライン)」(http://support.ca.com/)の 製品ページで閲覧可能です。
  • 現行システムの分析、アップグレードの準備、テスト、アップグレード自体の実行など、アップグレード作業の一部または全部に関して、CA サービスによるコンサルティングを受けることができます。を参照してください。
  • 現行システムの分析、アップグレードの準備、テスト、アップグレード自体の実行など、アップグレード作業の一部または全部に関して、お客様の地域の認定パートナーによるサポートを受けることができます。 詳細およびお客様の最寄りのパートナーのリストについては、お客様の地域のチャネル パートナー グループのオフィス(http:/www.ca.com/partners)にお問い合わせください。
  • CA 延長サポートをご利用いただけます。CA 延長サポートは、CA Technologies ソフトウェア製品で、サービスが終了したバージョンまたはリリースに対するサービスを延長するためにが提供しているサービスです。延長サポートは、サービス終了日からヶ月以内にご契約いただくと、最長でヶ月間ご利用いただけます。 詳細については、「CA Support Online(CA サポート オンライン)」(https://support.ca.com/)を参照してください。

引き続き倍旧のご厚情を賜りたく、宜しくお願い申し上げます。

敬具

 

 

※ 本文書にてご案内しておりますサポート スケジュールについてのご質問は、弊社担当営業またはカスタマ エクスペリエンス マネージャ までお問い合わせください。

※ 本製品に関する技術的なお問い合わせは、CAサポートまでお問い合わせください。
(電話番号: 0120-702-870または、E-Mail アドレス: supportjp@ca.com

 

以上

Attachments

    Outcomes