Policy ServerからLDAPユーザディレクトリへの接続数を増やす方法

Document created by Koichi_Ikarashi Employee on Feb 8, 2016Last modified by Koichi_Ikarashi Employee on Feb 17, 2016
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC002473

製品名: CA Single Sign-On

バージョン: r12.5x

OS: All

 

◆ 概要

LDAPユーザディレクトリ間のパフォーマンスが問題となった場合、まずディレクトリ側のチューニングの必要性を確認します。チューニング実行後も依然パフォーマンスが改善しないようであれば、SiteMinder管理UIのディレクトリの設定で、フェイルオーバー グループ内で同じサーバに対してフェイルオーバの追加を実行します。これにより、Policy Serverから該当のLDAPユーザディレクトリへの接続数が増え、より多くの処理が実行されパフォーマンスの改善が期待できます。

 

参照:

ポリシー サーバ設定ガイド 12.52 SP1,

Page 233,

ロード バランシングとフェイルオーバーの設定

『注: ロード バランシングに同じサーバを複数回追加して、特定システムへのリクエストを強制的に増やすことができます。 たとえば、グループ内に 2 つのサーバ、Server1 Server2 があるとします。 Server1 は高性能サーバで、Server2 は性能が低いシステムです。 Server1 をロード バランシング リストに 2 回追加すると、Server2 でリクエストが 1 つ処理される間に Server1 2 つ処理させることができます。』

Attachments

    Outcomes