ContentUtilityコマンドの設定追加について

Document created by Yasuyuki_Miura Employee on Mar 28, 2016Last modified by Yasuyuki_Miura Employee on Mar 29, 2016
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
文書番号JTEC002484
製品名CA Client Automation
バージョン12.8, 12.9
OSWindows

 

エンタープライズ マネージャとドメイン マネージャ間で、ソフトウェア定義や収集したインベントリ情報の同期を取るために、ContentUtilityコマンドが用意されています。

このドキュメントでは、このコマンドに関する、バージョン間の設定の違いについて説明します。

 

Client Automation 12.8からソフトウェア インベントリを収集する手段として、シグネチャ スキャナにIntellisigという機能が追加されました。

この実装に伴って、ContentUtilityコマンドにも設定項目が追加されています。

設定内容は、[Client Automationインストールフォルダ:DSM]\bin\content_utility.xml ファイルに書かれています。

 

12.8以前のバージョンで、すでにContentUtilityコマンドをご利用で、12.8、またはそれ以降のバージョンにアップグレードしている場合は、Intellisigに関する設定項目がcontent_utility.xml ファイルに反映されていません。

アップグレード後、Intellisigを採用し、引き続きContentUtilityコマンドをご利用になる場合には、手動で下記の赤字の設定項目を追加した上で、同期対象とするかを yes/no で設定してください。

 

12.5 SP112.9

<contentutility_configuration>

<general>

   <datadirectory>default</datadirectory>

</general>

<export>

   <manager>

     <hostname>machine001.ca.com</hostname>

     <enabled>yes</enabled>

     <ca_provided>no</ca_provided>

     <custom_created>yes</custom_created>

   </manager>

</export>

<import>

   <manager>

     <hostname>machine101.ca.com</hostname>

     <enabled>yes</enabled>

     <ca_provided>no</ca_provided>

     <custom_created>yes</custom_created>

   </manager>

</import>

</contentutility_configuration>

<contentutility_configuration>

<general>

   <datadirectory>default</datadirectory>

</general>

<export>

   <manager>

     <hostname>machine001.ca.com</hostname>

     <enabled>yes</enabled>

     <ca_provided>no</ca_provided>

     <custom_created>yes</custom_created>

      <ca_intellisig>no</ca_intellisig>

      <custom_intellisig>yes</custom_intellisig>

      <intellisig_detail>yes</intellisig_detail>

   </manager>

</export>

<import>

   <manager>

     <hostname>machine101.ca.com</hostname>

     <enabled>yes</enabled>

     <ca_provided>no</ca_provided>

     <custom_created>yes</custom_created>

      <ca_intellisig>no</ca_intellisig>

      <custom_intellisig>yes</custom_intellisig>

      <intellisig_detail>yes</intellisig_detail>

   </manager>

</import>

</contentutility_configuration>

 

ただし、ContentUtilityコマンドを実行したことがない環境では、content_utility.xmlファイルはありません。

コマンドをご利用になりたい場合は、最初にDSM\bin\ContentUtility.exeをオプションなしで実行してください。

自動的にバージョンに応じた設定ファイルが作成されますので、エクスポート元、インポート先のマネージャ名、および設定を適宜修正してください。

次回から、作成された設定ファイルを読み込んで実行されます。

 

尚、ContentUtilityコマンドの詳細につきましては、管理ガイドを参照してください。

Content Utility - CA Client Automation - 12.9 - CA Technologies Documentation

Attachments

    Outcomes