Policy Serverの二種類のプライオリティスレッドについて

Document created by Koichi_Ikarashi Employee on Apr 13, 2016Last modified by Koichi_Ikarashi Employee on Oct 31, 2016
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC002488

製品名: CA Single Sign-On

バージョン: r12.5x

OS: All

 

概要

Policy Serverデフォルト設定では、二種類のスレッド設定値がsmps.logINFOレベルで以下のように出力されます。この技術情報はそれぞれのスレッド設定について説明します。

 

[CServer.cpp:4393][INFO] Thread pool limit: 8

[CServer.cpp:3829][INFO] ThreadPool using priority thread count : 5

 

◆説明

2つのメッセージはそれぞれ次のスレッド設定と対応します。

(1) High Priority Thread          =  ThreadPool using priority thread

(2) Normal Priority Thread      =  Thread pool limit

 

以下はそれぞれの設定について説明となります。

 

(1) High Priority Thread (ThreadPool using priority thread)について

 

High Priority ThreadWeb Agentからの新規接続要求を処理します。

 

これは以下のレジストリ情報で変更可能です。デフォルト: 5で、指定可能な最大値:20です。

パス: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Netegrity\SiteMinder\CurrentVersion\PolicyServer

キー: PriorityThreadCount (REG_DWORD)

 

(2) Normal Priority Thread (Thread pool limit)について

 

Normal Priority Threadは、Web AgentからのIsProtected/Authenticated/Authorizedのリクエストを処理します。

 

これは管理コンソールの設定タブの「最大スレッド数」で変更可能です。

また、以下のレジストリ情報と対応します。デフォルト: 8です。(指定する値に上限はありません。環境に応じた最適値を決めてください。)

パス: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Netegrity\SiteMinder\CurrentVersion\PolicyServer

キー: Thread Pool Size (REG_DWORD)

 

◆参考

技術情報TEC491240ではPolicy Serverのスレッドモデルが図解されています。

Enhancement Changes to SiteMinder Thread Model in version SM6.0.5.22 & R12.1.3

 

補足

Policy Serverのパフォーマンス上の問題などが確認される場合は、リソースの使用状況の確認を行い環境に適した最適なスレッド設定値を見つける必要があります。

 

Policy Serverのリソース使用状況を把握するためには、smpolicysrv -stats コマンドが利用できます。smps.log[INFO] System Statistics 情報が記録されます。

[INFO] ===================================================================================

[INFO] System Statistics

[INFO] Thread pool limit: 8

[INFO] Thread pool: Msgs=0 Waits=0 Misses=0 Max HP Msg=0 Max NP Msg=0 Current Depth=0 Max Depth=0 Current High Depth=0 Current Norm Depth=0 Current Threads=0 Max Threads=0 Busy Threads=0

[INFO] Connections: Current=0 Max=0 Limit=256 Exceeded limit=0

[INFO] ===================================================================================

 

通常運用において1015分程度の間隔で実行して定常的にパフォーマンス計測することは、環境に適した最適なスレッド設定値を見つけるための望ましい方法です。

Attachments

    Outcomes