CA Remote Engineerツール使用の推奨について

Document created by Koichi_Ikarashi Employee on Jun 28, 2016Last modified by Koichi_Ikarashi Employee on Nov 22, 2016
Version 5Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC002503

製品名: CA Single Sign-On

バージョン: r12.5x

OS: All

 

CA Remote Engineerツールの使用推奨のお知らせ

CA Single Sign-On(旧CA SiteMinder®)向け

 

CA Single Sign-Onでの問題の解決を促進するため、CA SupportCA Remote Engineerツールをご使用いただくことを推奨します。このツールによりPolicy Serverのログ・設定ファイルおよびOS・ネットワーク等の情報を一括して収集することができ、お客様の問題に対してパートナー様およびCA Supportでの調査が迅速に進められることが期待できます。(ツールの実行例は末尾の添付Excelシートをご参照ください。)

 

概要:

CA Remote Engineerはトラブルシューティングのための情報収集の手順を簡略化します。CA Remote Engineerは、CA Single Sign-On Policy Serverが稼働する環境(Windows/Red Hat/Solaris)でログ、設定およびOS情報を収集する手段を提供します。

なお、CA Remote EngineerはインストールしてもOSの設定・レジストリ情報は一切変更しません。

 

ダウンロード:

CA Remote Engineerツールのダウンロードはこちら

  • Windows/Red Hatはバージョン3をご使用ください。
  • Policy Server r12.52 SP2ではRemoteEngineerフォルダに同梱されています。

 

CA Remote Engineerツールについての“How To”ドキュメントはこちら

 

収集される主な情報とログ:

  • SiteMinderログファイル
  • SiteMinder設定ファイル
  • SiteMinderレジストリ情報(Windows
  • SiteMinder ODBC設定ファイル
  • OSの情報
  • サードパーティ製品の情報(Java/ODBC ….
  • ネットワーク設定情報
  • ネットワーク接続情報

 

CA Remote Engineer実行手順:

 

GUI版とコマンドライン版のいずれかを実行してください。

  1. RemoteEngineer.cmd                     (Windows GUI)
  2. RemoteEngineer.sh                        (UNIX/Linux GUI)
  3. re.cmd                                              (Windowsコマンドライン)
  4. re.sh                                                 (Unix/Linuxコマンドライン)

 

入力項目の‘Product Name’にはSiteMinderを指定してください。(SiteMinder以前販売されていた製品名となります。)

注意: ‘Product Name’にはCA Single Sign-On指定しないでください。

 

完了すると収集したログファイル等は実行ディレクトリにZIPファイルにまとめられます。

  • ファイル名:Issue#_Hostname_Product_#_CA_RE.zip

例: 1111-2_mycomputer_siteminder_1_CA_RE.zip

 

参考:

CA Remote EngineerツールのGUI版とコマンドライン版の実行例は添付のExcelシートを参照してください。

  • RemoteEngineer.cmd (Windows GUI)
  • re.shコマンドライン  (Unix/Linuxコマンドライン)

Outcomes