CA Privileged Identity Manager serevuでユーザを無効化できない

Document created by miyhi02 Employee on Sep 21, 2016
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC002538

製品名: CA Privileged Identity Manager

バージョン: 全て

OS: UNIX/Linux

 

 内容

serevudef_fail_countを超えても、ユーザが無効化しない問題について

 

 詳細内容

serevu起動中にdef_fail_countを超えてユーザのパスワードミスを行うと、ユーザを無効に

する事が可能ですが、/etc/passwdファイルに空の行が入っている場合、無効にする事ができません。

)

/etc/passwdに空の行が含まれている:

==/etc/passwd==

test01:x:142:1::/home/test01:/bin/sh

<空の行>

test02x:143:1::/home/test02:/bin/sh

==============

空の行がある限り、/etc/passwdファイル内の全てのユーザに対してdef_fail_countを超えてパスワードミスを行ったとして、無効化されません。

 

  • 回避策

/etc/passwdファイルの空の行を削除して下さい。

 

以上

Attachments

    Outcomes