リモートエージェントのインストール後、Linuxの起動時にエラーが出力される

Document created by wadis01 Employee on Sep 26, 2016Last modified by wadis01 Employee on Sep 26, 2016
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC002539

 

製品名:CA Identity Manager

 

バージョン: r12.6

 

OS:Red Hat 7.x もしくはsystemdをサポートするLinuxプラットフォーム

 

Question

Unix ETCエンドポイントとして管理するために、リモートエージェントをRed Hat 7.xなどへインストール後、OSの起動(再起動)時に/var/log/messagesへ以下のようなエラーが出力されますが、どのように対処すればいいのでしょうか?

--------------------------------------------------------------------------------

[123.456789] systemd[1]: [/etc/rc.d/init.d/CA-CCS:29] Failed to add dependency on +CA-cauwvdmn.service, ignoring: Invalid argument

[123.456789] systemd[1]: [/etc/rc.d/init.d/CA-CCS:29] Failed to add dependency on +CA-cci.service, ignoring: Invalid argument

--------------------------------------------------------------------------------

 

Answer

/etc/init.d/CA-CCSのスクリプトに含まれる以下の行とsystemdが動作するLinuxディストリビューション間でのブートプロセスの違いに起因して事象が発生しています。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

# Required-Start: +CA-ais +CA-alert +CA-atech +CA-cal +CA-cam +CA-cauwvdmn +CA-cci +CA-diadna +CA-diaukb +CA-discovery +CA-em +CA-emsrvc +CA-has +CA-help +CA-mcc +CA-opr +CA-snmp +CA-star +CA-tomcat +CA-wvubi +CA-wvmgr +postgres

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ブートプロセス ini/Upstatのディストリビューション環境では、Required-Startはコメントアウト(#)されているため、OS起動時のコンフィグレーションは読み込まれません。

しかし、ブートプロセス systemdのディストリビューション環境では、OS起動時にコメントアウトされているRequired-Startが読み込まれ、さらにサービスが存在すれば、それらを起動するという意味の”+ パラメータを制御せずにサービスの起動を試みます。

当該環境では、これらの存在しないサービスを起動しようとし、各コンポーネントのタイムアウト発生まで待機してしまいますので、CA-CCSスクリプトからRequired-Startを削除してください。

 

なお、本事象については以下の技術文書(英語)にて詳細を公開しています。

Linux delayed startup after sysedge install

http://www.ca.com/us/support/ca-support-online/product-content/knowledgebase-articles/tec1969785.aspx

Attachments

    Outcomes