CA API Developer Portal Enhanced Experience 4.0 での固定IPアドレス使用方法

Document created by Seiji_Moriyama Employee on Apr 17, 2017Last modified by Seiji_Moriyama Employee on Apr 17, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC002043

製品名: CA API Developer Portal Enhanced Experience

バージョン: 4.0

OS: CentOS (仮想アプライアンス)

 

◆質問
API Developer Portal Enhanced Experience 4.0(以下 Portal EE 4.0 と記載) では、 DHCPにより割り当てられたIPアドレスが使用されますが、固定IPアドレスに変更するには、どの様に設定すれば良いのでしょうか。

https://docops.ca.com/ca-api-developer-portal-enhanced-experience/4-0/en

を参照しましたが固定IPアドレスを設定する方法は記載されていませんでした。

 

◆ 回答

次の様な手順に従って cloud-init.iso ファイルを再作成してご使用ください。

 

[手順]

  1. "user-data"ファイルを編集し、"bootcmd:"のセクションの末尾に次の様な記述を追加する。(IPアドレス等は変更してください)
      - set -x; echo 'user-data/bootcmd:'
      - set -x; sed -i -e 's/BOOTPROTO=dhcp/BOOTPROTO=static/g' /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
      - set -x; echo 'IPADDR=192.168.100.101' >> /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
      - set -x; echo 'GATEWAY=192.168.100.1' >> /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
      - set -x; echo 'NETMASK=255.255.255.0' >> /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
      - set -x; echo 'ONBOOT="yes"' >> /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
      - set -x; echo 'NM_CONTROLLED=no' >> /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
  2. "cloud-init.iso"ファイルを再作成し、Portal EE 4.0のCD/DVDドライブに割り当てる。
  3. Portal EE 4.0の仮想マシンを再起動する。/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0ファイルが固定IPアドレスの設定に書き換わる。
  4. Portal EE 4.0の仮想マシンをもう一度再起動する。書き換えられた設定に従って固定IPアドレスで起動する。

Attachments

    Outcomes