プロセッサ内のステップでリターン・コードをチェックし、ユーザーにNOTIFYメッセージを送る方法について

Document created by Kenji_Tsuda Employee on Apr 25, 2017Last modified by Kenji_Tsuda Employee on Jun 9, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:JTEC002046

製品名:CA Endevor

バージョン:ALL

OS:z/OS

 

Question

プロセッサ内のステップでリターン・コードをチェックし、ユーザーにNOTIFYメッセージを送る方法はありますか?

 

Answer

プロセッサ内でPGM=BC1PTMP0とPGM=IKJEFT01を使用することで、ユーザーにNOTIFYメッセージを送ることが可能です。


Sample

//*
//TSO     EXEC PGM=BC1PTMP0,MAXRC=5,COND=(0,EQ,COMPILE),
//        PARM='Prefix.ENDBAS.CSIQCLS0(message)'
//SYSTSPRT DD SYSOUT=*
//*
//BATCH   EXEC PGM=IKJEFT01,COND=((0,EQ,COMPILE),(5,NE,TSO))
//SYSTSPRT DD SYSOUT=*
//SYSTSIN  DD *
SEND '**********************************************' USER(&C1USERID)
SEND '*                   BATCH                    *' USER(&C1USERID)
SEND '* ------------------------------------------ *' USER(&C1USERID)
SEND '*     THE STEP RETURN CODE WAS NOT 0000.     *' USER(&C1USERID)
SEND '*     PLEASE CHECK THE COMPILE LIST.         *' USER(&C1USERID)
SEND '**********************************************' USER(&C1USERID)
//*

 

TSOステップ;
PGM=BC1PTMP0はフォアグラウンド処理用で、このサンプルではCOMPILEステップのリターン・コードが0000以外の場合、PARM=で指定したメンバ(CLISTやREXX)を実行します。

そのメンバの中でメッセージを送信するためのSENDコマンドを設定していただくことで、ユーザーにメッセージを送ることが可能になります。

※ プロセッサをバッチで実行した場合、このステップのリターン・コードは0005となります。

 

メンバの内容;
 BROWSE    Prefix.ENDBAS.CSIQCLS0(message) - 0 LINE 00000000 COL 001 080
 COMMAND ===>                                            SCROLL ===> CSR
***************************** Top of Data ******************************
SEND '**********************************************' USER(&SYSUID)
SEND '*                 FOREGROUND                 *' USER(&SYSUID)
SEND '* ------------------------------------------ *' USER(&SYSUID)
SEND '*     THE STEP RETURN CODE WAS NOT 0000.     *' USER(&SYSUID)
SEND '*     PLEASE CHECK THE COMPILE LIST.         *' USER(&SYSUID)
SEND '**********************************************' USER(&SYSUID)
**************************** Bottom of Data ****************************

 


BATCHステップ;
PGM=IKJEFT01はバッチ処理用で、TSOステップがリターン・コード0005で終了しなかった場合、フォアグラウンドから実行された処理となるためこのステップは実行しません。

 


詳細は、「Extended Processors Guide」の「Chapter 3: Using Processor Utilities」、「The BC1PTMP0 Utility」をご参照ください。

Attachments

    Outcomes