CA 1 r12.6からv14.0にアップグレードしたところTMSPTRSの実行結果に違いがありました。これは何故ですか?

Document created by YOSHINORI_MOMIKI Employee on May 2, 2017Last modified by YOSHINORI_MOMIKI Employee on May 8, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC002048

 

製品名:CA 1

 

バージョン:v14.0

 

OS: z/OS

 

Question

 

CA 1をr12.6からv14.0へアップグレードした後にr12.6とv14.0のTMSPTRSを実行したところ以下の結果の違いがありました。以前はTMSUPDTEのSYSINカードが作成されていました。

これは何故でしょうか?

 

r12.6
ERR79 CHAINING FROM BASE 111111: VOLUME 111111 WARNING: DSN17 IS HEXZERO CORRECTION SEE TMSUPDTE DD

 

v14.0
ERR79 CHAINING FROM BASE 111111: VOLUME 111111 WARNING: DSN17 IS HEXZERO

 

Answer

 

CA 1 v14.0の処理結果が正常となります。

CA 1 r12.6の初期バージョンでは上記のERR79のケースでもTMSUPDTEのSYSINカードが出力されている事象がありました。

この動作は一部誤りでTMCのVOLUMEレコードのDSN17フィールドの値がHEXZEROである場合、CA 1の処理としてはエラーではありません。

このためCA 1 r12.6のPTF:RO64655にてTMSUPDTEのSYSINカードを出力しないように修正されました。

CA1 v14.0では、RO64655の修正があらかじめ含まれておりますので、正常な処理結果となります。

Attachments

    Outcomes