バイナリログ管理スクリプト

Document created by Koichi_Ikarashi Employee on Jun 30, 2017Last modified by Koichi_Ikarashi Employee on Jul 14, 2017
Version 3Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC002609

製品名: CA API Management Gateway

バージョン: 9.x, 8.x

 

この技術情報は既存のTEC1472119の内容を日本語で概要を案内するものです。

 

◆はじめに:

MySQLサーバーはバイナリログリレーログを使用して、GatewayクラスタのGatewayデータベースインスタンス間での変更を管理します。バイナリログは、マスターデータベースからスレーブデータベースへ渡されるクエリとインストラクションを含みます。

 

リレーログは、マスターデータベースからのもので、スレーブデータベースで実行されるクエリとインストラクションを含みます。もしレプリケーションが失敗したり、遅延が生じた場合、片方または両方のログが、Gatewayアプライアンスのファイルシステム上でサイズが増加し始めます。それらのファイルの肥大化に対処しないと、Gatewayアプライアンスに割り当てられたストレージの負荷が大きくなることがあります。

 

バイナリログ管理スクリプトは、現在のローカルGatewayデータベース上のレプリケーションの実行状態を定期的に確認します。レプリケーションが動作していて遅延も特にない場合、古いバイナリログとリレーログをファイルシステムから削除します。これによるデータ消失が一切ないこと(レプリケーション状態を確認することで)、またそれ以上余計なストレージが使用されないことが保証されます。

 

環境:
この技術情報CA API Gatewayの全てのバージョンに適用されます。

 

◆手順:

 

実装
監査レコードのメンテナンススクリプトは実行可能なパスに保存します。従来、このスクリプトは/usr/local/bin/ または /opt/SecureSpan/Appliance/bin/ にあります。スクリプトの起動は通常Gatewayアプライアンスのタスクハンドラ(crond)のデフォルトスケジュールに管理されています。このスクリプトはcrontabで構成されることが想定されます。

 

1. 本文書に添付されたファイルファイル(manage_binlogs.sh)をダウンロードします。
2. SFTPまたはSCP経由でssgconfig ユーザでスクリプトをGatewayアプライアンスにアップロードします。
3. スクリプトをssgconfig ユーザのホームから所定の場所に移動します。
4. 実行権限を付与します: chmod u+x manage_binlogs.sh
5. スクリプトを編集し、以下のプロパティに現在の設定を反映させます:

SLAVE="slave.domain.com"
ROOTDBPWD="password"
NOTIFY_TO="administrator@domain.com"

注意: "SLAVE" と"ROOTDBPWD"の値には、他のGatewayデータベースノードのホスト名と特権MySQLユーザのパスワードを指定します。

6. スクリプトを'-f'フラグで実行します: ./manage_binlogs.sh -f
7. 他のGatewayデータベースノードについてステップ1-8を実行します。
8. このスクリプトを両方のアプライアンスで実行してcrontabを設定します。

 

 

実装のテスト

このスクリプトは、バイナリログファイルを管理できない場合でe-mailが使用されるように設定されている場合に、e-mail通知を送信します。これはレプリケーションの失敗について有用な通知を提供します。なぜなら、この処理はレプリケーションが実行されていないか、または構設定されていない場合にのみ失敗するからです。以下の手順は任意ですが、スクリプトが最初にデプロイされた環境であれば実行することができます。


1. 両方のデータベースノードでレプリケーションを停止します: mysql -e 'stop slave'
2. スクリプトをクラスタの各データベースノードで実行します(冗長モード): ./manage_binlogs.sh -f -v
3. 両方のデータベースノードでレプリケーションを開始します: mysql -e 'start slave'
4. レプリケーションステータスを確認します: mysql -e 'show slave status\G'

 

◆追加情報:

TEC1472119: Binary Log Management Script

Attachments

Outcomes