API Gateway : 9.2へアップグレードした後に、メインメニューで'Database upgrade not required'が表示される問題

Document created by Ryoji_Kadota Employee on Aug 3, 2017Last modified by Ryoji_Kadota Employee on Aug 7, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC002595
製品名: CA API Gateway
バージョン: 9.1
OS: ALL

 

◆問題
API Gatwayを9.2へアップグレードした後、メインメニューの から"2) Display CA API Gateway configuration menu" -> "1) Upgrade the CA API Gateway database"を選択した場合'Database upgrade not required'が表示されます。


◆原因
ディスク容量不足のため、アップグレードに必須なプラットフォーム更新パッチ(CA_API_PlatformUpdate_64bit_v9.2.00-RHEL) のインストールに失敗していました。

ディクス容量不足の場合、プラットフォーム更新パッチや製品のアップグレードはエラー無しで終了しますが、実際には正しくアップグレードされていません。

このメッセージは誤りです。アップグレード後には必ずメインメニューから"2) Display CA API Gateway configuration menu" -> "1) Upgrade the CA API Gateway database"を実行して、データベースのアップグレードを行う必要があります。

 

◆回避策
ディスク容量を確認後、再度アップグレードを実行してください。

 

手順:
01. メインメニューの"3) Use a privileged shell (root)"を開きます。
02. パッチステータスファイルを削除します: mv /opt/SecureSpan/Controller/var/patches/*.status /tmp.
03. メインメニューの "8) Display Patch Management menu"で9.2プラットフォームのアップデート(CA_API_PlatformUpdate_64bit_v9.2.00-RHEL)を再ロードしてインストールします。
04. メインメニューの "8) Display Patch Management menu"で9.2アプリケーションアップデート(CA_API_Gateway_v9.2.00)を再ロードしてインストールします。
05. メインメニューのメインメニューから"2) Display CA API Gateway configuration menu" -> "1) Upgrade the CA API Gateway database"でデータベースのアップグレードを実行します。

 

                                                                                                                                                                                                                                                              

この情報は、CA Support Online に掲載されている以下のナレッジベースを翻訳したものです。
TEC1677652 : 'Upgrade the CA API Gateway database' Menu shows 'Database upgrade not required' after 9.2 upgrade.

Attachments

    Outcomes