&AOMREADのMINORオペランドに関する記載はR5.0でも有効ですか?

Document created by Soichi_Nagatomo Employee on Aug 4, 2017Last modified by Soichi_Nagatomo Employee on Aug 7, 2017
Version 8Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC002066

 

製品名:CA SOLVE:Operations

バージョン: 5.0

OS: z/OS

 

Question

 

CA SOLVE:Operations R11.9 のマニュアル「NCL Reference」の「Verbs and Built-in Functions」にある「&AOMREAD」の「MINOR」Operandsの説明に以下の記載がありました。

 

Important! To make &AOMREAD read the minor lines in responses to console commands, use the screening table to route the minor lines to the AOMPROC.

 

当記載内容はR5.0でも有効ですか?

 

Answer

 

はい。R5.0でも有効です。

 

当記載では、CA SOLVE:Operations以外のコンソールから発行されたコマンドレスポンスメッセージを&AOMREADで読み込むには、スクリーニングテーブルにて明示的にAOMPROCへ配布することが必要であることを説明しています。

 

CA SOLVE:Operations以外のコンソールから発行されたコマンドレスポンスメッセージについて、&AOMREADでマイナーラインを検知し、&AOMNMIN(マイナーライン行数)、&AOMMINLN(マイナーラインの内容)、&AOMMINLT(マイナーラインの行タイプ)の値を参照する場合、対象メッセージのマイナーラインをスクリーニングテーブルにて明示的にAOMPROCへ配布してください。

 

Attachments

    Outcomes