API Gateway : ssgconfigユーザアカウントの管理

Document created by Ryoji_Kadota Employee on Aug 14, 2017Last modified by Ryoji_Kadota Employee on Aug 17, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC002597
製品名: CA API Gateway
バージョン: ALL
OS: ALL


◆背景
ssgconfig ユーザアカウントは、オペレータおよび管理者に端末ユーザインターフェイス(TUI)メニューへのアクセスを提供するために使用されます。このメニューを使用すると、システムへの管理アクセスを必要とせずに一般的な設定作業を実行できます。

 


◆パスワードの変更

01. シリアルケーブルまたは直接コンソールアクセスを介してAPI Gatewayに接続する
02. ログイン・プロンプトでrootユーザーとしてログインします。
03. 次のコマンドを実行します。passwd ssgconfig
04. プロンプトにパスワードを入力する
05. プロンプトのパスワードを確認する

 

 

◆ユーザーアカウントのロック解除
ssgconfig ユーザーとして認証しようとしたときに無効な資格情報が提供された場合、API Gatewayアプライアンスは、rootユーザーがアカウントのロックを解除するよう要求します。
手順:

01. シリアルケーブルまたは直接コンソールアクセスを介してAPI Gatewayに接続する
02. ログイン・プロンプトでroot ユーザーとして ログインします。
03. 次のコマンドを実行します。/sbin/pam_tally2 --reset --user ssgconfig

 

                                                                                                                                                                                                                                   

この情報は、CA Support Online に掲載されている以下のナレッジベースを翻訳したものです。
TEC0000001437 : Managing the Gateway configuration menu (ssgconfig) account

Attachments

    Outcomes