User Administration 機能ユーザガイド ② (User administrationメニューについて)

Document created by fuminori_takagi Employee on Oct 10, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:JTEC002078 

Product:SupportOnline

 

■User Administration 機能ユーザガイドの「User administrationメニュー」についてのご案内になります。

メニュー内の「Registration Requests」、「Users and Permissions」、「Audit Reporting」タブについて説明しています。

 

■User administrationメニュー
1、TOPページの[MY ACCOUNT]をクリックし、[ADMINISTRATION]を選択します。


2、ユーザ管理者権限を持っている場合は以下の[User Administration]が表示されます。

 

※ユーザ管理者権限がない方は以下のメッセージが表示されます。

[User Administration]には、[Registration Requests][Users and Permissions][Audit Reporting]の3つのタブが表示されます。

● Registration Requestsについて
この画面には、そのサイト ID の未処理の登録リクエスト(Registration Requests)が全て表示されます。
ユーザからのリクエストが承認されると、承認されたユーザは [Users and Permissions] 画面に表示されます。
却下したリクエストにはアクセスできなくなりますが、[Audit Reporting] に記録されます。

ここで行う主な作業
▪ 新しいユーザを初めて CA Support Online 及び管理しているサイト ID に登録する場合
▪ 他のサイトのアクセス権を持つユーザから、管理サイトへアクセス権追加のリクエストがあった場合
▪ 管理サイトの他のエンタープライズ ユーザからユーザ管理者権限のリクエストがあった場合

Registration request を処理するには、ユーザの左側の View/Edit アイコンをクリックします。

[REQUEST DETAILS] 画面が開いたら、
リクエスト ステータスを承認(Accepted)、保留(Pending)、却下(Rejected) から選択できます。
Comments 欄に入力すると、リクエスト者へメールを送る際にそのコメントをつけて送付できます。

リクエストを確認し、ドロップダウンメニューで希望するステータスを選択し、オプションで返信無しのメールに含まれるコメントを追加し、[保存]をクリックします。

「Accept」 – 管理サイトへのアクセス リクエストを承認し、ユーザに no-reply メール(受信者からの返信ができないメール)を送信します。

                  (コメント欄に入力がある場合はそのコメントもメールに記載されます)承認すると、そのリクエストは [Registration Requests] 画面には表示されなくなります。

                   サイト アクセス リクエストが承認されたユーザは、[Users and Permissions] 画面にUser Administrator 欄が Yesの状態で表示されるようになります。

                   承認の記録は [Audit reporting] に記録されます。

 

「Pending」– リクエストを処理する予定だが、まだ完了する準備ができていないという場合に使用します。

                    リクエストは「Pending」ステータスで引き続き[Registration Requests] 画面に表示されます。

                    「Pending」ステータスは管理サイトの他のユーザ管理者からも確認できるので、別の管理者がそのリクエストに対応中である、ということがわかります。

 

「Reject」 – ユーザからのリクエストを却下し、リクエスト者にその旨のメールを送信します。コメント欄に入力されたコメントも一緒に送信します。

                 却下する前に、リクエスト却下を確認するポップアップ メッセージが表示されます。

                 [OK] をクリックすると、リクエストは [Registration Requests] 画面から消え、[Audit reporting] にトランザクションが記録されます。

 

 <注意> 一旦却下するとそのリクエストを戻すことはできません。間違って却下した場合も、新しいリクエストを再度申請してもらう必要があります。

 

 

●Users and Permissionsについて

このタブを開くと、管理サイトへのアクセス権を持っているユーザが表示されます。

[Users and Permissions]画面では、アクセスレベルの閲覧、修正、自分以外のユーザのユーザ管理者権限の削除、選択したサイトへのアクセスの取り消しなどを行うことができます。

ユーザ情報の閲覧、修正を行う場合はユーザ名の左にある[EDIT/VIEW]アイコンをクリックします。

 

User Details ページの 「Status」から、選択したサイトに対する、ユーザのユーザ管理者権限の削除や、サイトでユーザが利用できる機能を管理する「アクセス レベル」の変更ができます。

アクセス レベルの設定は、ユーザがアクセスできるすべてのサイトで共通となりますのでご注意ください。

ユーザのアクセス レベルを下げるには、その全てのサイトの管理者権限を持っている必要があります。

 

・アクセスレベル - エンタープライズユーザの3つの新しいバリエーションで6つのアクセスレベルがあります。

            エンタープライズユーザは、エンタープライズ製品、ソリューション、またはその両方のダウンロードを制限することができます。

注意:上記のように、CA SupportOnlineユーザはログイン(電子メールアドレス)ごとに1つのロールしか持つことができないため、

          ユーザが複数のサイトアクセス権を持つ場合、割り当てられたロールはすべてのサイトに適用されます

 

「STATUS」には以下のプルダウン表示があり、アクセスレベルの変更を行えます。

Enterpriseアクセス権のある各サイトに紐付いている全製品のケースをオープン・閲覧できます。全てのナレッジベース及びドキュメントに対するアクセス権を持っています。

Enterprise No Product Downloads – エンタープライズ製品をダウンロードする機能がないことを除いて、エンタープライズユーザと同じ機能を備えています。

                           このユーザーは、公開されたソリューションをダウンロードできます。

Enterprise No Solution Downloads – 公開されたソリューションをダウンロードする機能がないことを除いて、エンタープライズユーザと同じ機能を備えています。

                          登録された製品はダウンロードできますが、ユーザーはパッチ/ソリューションをダウンロードできません。

Enterprise No Downloads – エンタープライズ製品または、ソリューションをダウンロードする機能がないことを除いて、エンタープライズユーザと同じ機能を備えています。

                    ユーザは、ケース管理、ナレッジベース文書、およびドキュメントにアクセスできます。

Indirect Userケースの閲覧権限はありますが、オープンすることはできません。この権限は、通常、CAパートナーはサポートを行っているお客様のユーザ向けに利用されます。

           全てのナレッジベース及びドキュメントに対するアクセス権を持っています。

Read Only - ケースの権限はありません。ケースのオープンや閲覧はできません。全製品のエンタープライズドキュメントやナレッジを閲覧することができます。

 

•重要なポイント:ユーザのアクセス レベルはアクセス権を持つ全サイト共通のため、複数サイトに対してアクセス権を持っているユーザは、
              必要なアクセス権が最も高いサイトに合わせてアクセス権を設定する必要があります。

ユーザがアクセスできる全サイトのユーザ管理者権限を持つユーザ管理者のみが、ユーザのアクセス レベルを下げることができます。
もしユーザがユーザ管理者の管轄外のサイトのエンタープライズ アクセスを要求した場合、アクセス レベルを下げることはできません。
ユーザ管理者は誰でも管理サイトのアクセス レベルを上げることができます。
ただし、それにより、管理者のサイトだけでなく、アクセス権を持つ全サイトに対するユーザのアクセス レベルが上がります。

 

・Revoke Site Access -現在選択しているサイトに対するユーザのアクセス権を取り消す際に使用します。

確認後、選択しているサイト ID からユーザは削除されます。

ユーザ管理者が権限を持たないサイトにユーザが所属している場合、アクセス権の取り消しを行っても、それらのサイトのアクセス権は取り消されません。
※ 一旦アクセス権を取り消すと、やり直すことはできません。

 ユーザがアクセス権を取得するには、再登録を行うか、もし他のサイトのメンバーであれば、Additional Site Access リクエストを再度発行する必要があります。

ユーザの取り消しは、関係するサイトの [Audit Reporting] に記録されます。

※「Revoke User Administration Access」につきましては、後述いたします。


・親子サイト

子サイトのユーザー管理者は、親サイトのユーザーを変更することはできません。

 

●Audit Reportingについて

[Audit Reporting]には各サイトでユーザ感知者が行ったすべてのトランザクションが表示されます。

Audit Reportingには履歴データは含まれません。トランザクションの記録は、そのサイトの最初のユーザ管理者がリクエストを行ったとき、

またはサイトのユーザを更新・取り消ししたときから開始されます。

 

■データのフィルタリング検索、エクスポートについて

すべての[User Administration]画面には、データのフィルタリング機能がついており、会社名や姓名、メールアドレス、USER ADMINISTRATORの有無で検索をかけることができます。

 また、[Users and Permissions][Audit Reporting]にはExcelにデータを出力する機能もあります。

 

ユーザ管理者アクセスの削除または取り消しについて

ユーザ管理者は、自分のサイトで別のユーザ管理者のアクセス権を取り消すことができます。(Revoke User Administration Access
ユーザ管理者は自分のアクセス権を削除できません。

注:User Administator Accessが誤って削除された場合、ユーザはUser Administratorアクセスのために再登録する必要があります。

 

■ユーザ管理者アクセスの削除について

サイトの唯一のユーザ管理者の交代が行われる場合は、まず交代するユーザ管理者を承認し、そのユーザにアクセスを取り消すように要求することをお勧めします。

交代するユーザ管理者がなく、そのサイトの唯一のユーザ管理者である場合は、ケースオープン時に「Product」を「SupportOnline」を選択するか、

supportjp@ca.comに問い合わせてください。

 

 

関連情報:

User Administration 機能ユーザガイド ① (User Administrationアクセス リクエストについて)

 

 

 

Attachments

    Outcomes