CA Identity Managerが動作している環境でのJAVAのアップグレード方法について

Document created by Hirotaka_Iinuma Employee on Oct 24, 2017Last modified by Hirotaka_Iinuma Employee on Oct 25, 2017
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC002095

 

製品名:CA Identity Manager

 

バージョン: r12.6,r14.x

 

OS:ALL

 

Question

CA Identity Managerが動作している環境で、JAVAをどのようにアップグレードしたらよいですか。

 

Answer

以下手順を行ってください。

  1. Identity Manager Server(JBOSS)を停止
  2. ご使用頂いているCA Identity Manager がサポートしているJAVAの新しいバージョンをインストール
  3. 環境変数のJAVA_HOMEの設定をインストールしたJAVAPATHに変更
  4. 以下のstandalone.batファイルのJAVA_HOMEの設定をインストールしたJAVAPATHに変更

         ファイル名:

         JBOSS_HOME_DIRECTORY\bin\standalone.bat

         変更するパラメータ:

         set "JAVA_HOME=C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_xx"

  1. Identity Manager Server(JBOSS)を起動

Attachments

    Outcomes