LMPコードを新しく入手しましたが。JCL(プロシージャ)の修正無しに、LMPコードを動的に反映させる方法はありますか?

Document created by IKU-OSAKA Employee on Mar 3, 2015Last modified by YOSHINORI_MOMIKI on Mar 9, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC000042

 

製品名:CA Common Services for z/OS

バージョン:All

OS: z/OS

 

Question

 

LMPコードを新しく入手しましたが。JCL(プロシージャ)の修正無しに、LMPコードを動的に反映させる方法はありますか?

 

Answer

 

prefix.PPOPTION(KEYS)に新しいLMPコードを正しく設定し、以下のコマンドを実行してください。

LMPコードの詳細な設定方法につきましては、JTEC000008をご覧ください。

 

尚、以下のコマンド例は、CA Common Services for z/OSのプロシージャ名を"CAS9"と指定している場合です。


 S CAS9,,,LMPKEYS (※)


上記のようにLMPKEYSのパラメータを指定することによって、CAS9のプロシージャ内の//KEYS DDステートメントの内容のみ再度システムにロードされ、これ以外のCAS9のDDステートメントで指定されているものは、無視されるようになります。また、IPLを実行していただいても、LMPKEYは反映されます。

 

※:LMPKEYSパラメータの指定は、CCSのR11.0より、利用可能となっています。

CCSのR3.0以下や、富士通版、日立版の CA90S Servies の場合はご利用いただけません。

Attachments

    Outcomes