CAS9プロシージャ(CAIRIM)の再実行時は通常、AUTOCMDS DDファイルに指定されている自動コマンドが実行されませんが、必要な場合にこの自動コマンドを再実行する方法はありますか?

Document created by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Mar 3, 2015Last modified by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Mar 13, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC000034

 

製品名:CA Common Services for z/OS

バージョン:All

OS: z/OS

 

Question

 

CAS9プロシージャ(CAIRIM)の再実行時は通常、AUTOCMDS DDファイルに指定されている自動コマンドが実行されませんが、必要な場合にこの自動コマンドを再実行する方法はありますか?

 

Answer

 

CAIRIMの特殊なオプションであるAUTOCMDSを指定すると、自動コマンドが再実行されます。下記はAUTOCMDSオプションを指定しているSTARTコマンドの記述例です。   

 

  START CAS9,,,AUTOCMDS

 

このようにCAS9プロシージャを再起動する事で、AUTOCMDS DDファイル内の自動コマンドが再実行されます。   

 

注意:

 このオプションを指定する前に、AUTOCMDS DDファイルを参照し、起動するスターティッド・タスクが重複するというような問題が

 発生しないか事前に確認して下さい。

Attachments

    Outcomes