PIM 64 bit版をRHEL v6 64 bitにインストールする場合の注意事項

Document created by Tomo_Fujita Employee on Mar 12, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC000136

 

製品名:Privileged Identity Manager

 

バージョン:All

 

OS:Linux

 

◆ 内容

CA ControlMinder 64bit版をRHEL v6以降(以下RHEL v6) 64bit環境 にインストールする場合の注意事項です。

 

◆ 詳細内容

CA ControlMinder 64bit版をRHEL v6 64bit環境にインストールする際、CA ControlMinderは64bit対応のため問題ありませんが、

同時にインストールされるCA Licenseモジュールは32bitで作成されています。

一方、RHEL v6 64bit OSを互換ライブラリを指定せずにインストールすると32bitプログラムの動作に最低限必要なglibc-xxxx.i686が導入されません。

この状況でCA ControlMinderをインストールすると以下のメッセージが出力され、CA Licenseが動作できないことが確認できています。

/var/tmp/rpm-tmp.Gb4tcz: /opt/CA/SharedComponents/ca_lic/stopfds:
/lib/ld-linux.so.2: bad ELF interpreter: そのようなファイルやディレクトリはありません

以下のコマンドでglibc-xxxx.i686が導入されているか確認し、導入されていないときは当該rpmパッケージを

OSメディアから探してrpmコマンドで導入し、CA Licenseが正しく動作するようにしてください。

(RHEL 6.1 x64の場合) # cat /etc/redhat-release Red Hat Enterprise Linux Server release 6.1 (Santiago) # rpm -qa | grep glibc glibc-2.12-1.25.el6.i686 ←表示されていればOK、表示されていないときは以下を実施 glibc-2.12-1.25.el6.x86_64 glibc-common-2.12-1.25.el6.x86_64
<RHEL 6.1のDVDをマウント> # cd /DVDマウント先/RHEL_6.1 x86_64 Disc 1/Packages # rpm -Uvh glibc-2.12-1.25.el6.i686.rpm nss-softokn-freebl-3.12.9-3.el6.i686.rpm ※1 warning: glibc-2.12-1.25.el6.i686.rpm: Header V3 RSA/SHA256 Signature, key ID fd431d51: NOKEY Preparing...                ########################################### [100%] 1:nss-softokn-freebl     ########################################### [ 50%] 2:glibc                  ########################################### [100%] # cd /home # seload AC起動 # ps -ef | grep Share root      7153     1  0 18:48 ?      00:00:00 opt/CA/SharedComponents/ca_lic/lic98fds lic98fdsが稼働していればOK 

※1 パッケージの依存関係はOSのバージョン/アップデートで変わる可能性がありますのでご注意ください。

 

Attachments

    Outcomes