AntiVirusソフトとの共存について

Document created by Tomo_Fujita Employee on Mar 12, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC000150

 

製品名:Privileged Identity Manager

 

バージョン:All

 

OS:All

 

◆ 内容

ControlMinderとアンチウィルスソフトウェアが共存する場合、以下のような点をご検討頂いた上、対応する必要があります。

 

◆ 詳細内容

ControlMinderとアンチウィルスソフトウェア(以下AV)はその機能上に同様のファイルアクセス監視処理を行うため、

其々の処理の競合が発生しパフォーマンスの低下を招いたり、デッドロックを誘発しシステムがハングする可能性があります。
このような問題が発生した場合は、両ソフトウェアが同居する環境では一般的に以下のような設定を行う必要があり、

予防保守という観点で推奨設定とさせていただきます。

ControlMinder側の設定:
AVの動作をバイパスするために、SPECIALPGMクラスにAVのサービス等の実行ファイルのバイパス設定を登録してください。

 

AV側の設定:
リアルタイムスキャンや手動スキャンのなどでControlMinderディレクトリ以下のウィルス検査を除外する設定を行ってください。

 

Attachments

    Outcomes