トラブルシューティング情報を安全な環境からテクニカルサポートに送信する方法

Document created by shunsuke_katakura Employee on Mar 19, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:            JTEC000237

製品名:                CA eHealth

バージョン:          -

OS:                      -

 

概要

トラブルシューティング情報をテクニカルサポートに安全な環境から送信する方法を教えてください。

 

手順

この作業を行うには、以下の手順とスクリプトに従います。

  1. (スクリプト名)スクリプトをダウンロードします(ダウンロード
  2. zip ファイルからスクリプトを抽出して、$NH_HOME ディレクトリにコピーします。
  3. UNIX では、スクリプトに $NH_USER の実行権限が設定されており、DOS 制御文字 (^M) が含まれていないことを確認します。
    * このことは、VI ユーティリティを使用して確認できます。
    * スクリプトに 「^M」 文字が含まれている場合は、以下の手順で削除してください。 
    1. dos2unix [ スクリプト名 ] > tmpScript
    2. mv tmpScript [ スクリプト名 ]
  4. 以下の構文を使用して、スクリプトを実行します。
    構文: nhsSecureFiles -inFile < ファイル名 > -fileType <poller|dci|mib> [-keyFile < ファイル名 >] 

    オプション

    -inFile保護する入力ファイル
    -fileType

    保護する入力ファイルタイプ。
    有効なオプションは以下のとおりです。

    poller eHealth poller.cfg ファイル
    dci eHealth の設定エクスポート(DCI 形式)
    mib nhSnmpTool MIB ダンプ
    -keyFile

    生成する keyfile 名(オプション)
    デフォルトは「/configuration_key.dat」

    -outFile

    生成する出力ファイル(オプション)
    デフォルトは <inFile>.clean
    例) /poller/poller.cfg.clean

    -patternFile注意が必要なドメイン名と URL を置換するためのパターンファイル(オプション)
    ファイル形式は 1 行に 1 エントリです。
    例) sensitivedomain.secure.net
    http://www.mydomain.com
    -hこの構文の使用法を表示する

Attachments

    Outcomes