Windows システムに SystemEDGE エージェントを再インストールする方法

Document created by shunsuke_katakura Employee on Mar 19, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:            JTEC000250

製品名:                CA eHealth SystemEdge

バージョン:           4.1以前

OS:                      Windows

 

概要

Windows システムに SystemEDGE エージェントを再インストールする方法を説明します。

 

手順

SystemEDGE エージェントを再インストールするには、まず現在のエージェントをアンインストールする必要があります。  

エージェントが 「InstallShield」 形式の実行可能ファイルを使用してインストールされている場合は、Windows の[プログラムの追加と削除]ダイアログボックスを使用してエージェントを削除する必要があります。

コマンドラインインストール用のユーティリティを使用してエージェントがインストールされている場合は、SystemEDGE のインストール先ディレクトリにある setup.exe を使用して、エージェントをアンインストールする必要があります。setup コマンドは、「DOS プロンプト」から起動します。このとき、-r を指定する(アンインストールするがファイルは残す)か、-x を指定します(アンインストールしてファイルをすべて削除する)。

SystemEDGE エージェントのアンインストールが完了したら、以下の手順で再インストールを実行します。

  1. Windows SNMP サービスを再インストールします。
  2. 再起動します。
  3. サービスパックを再インストールするか、サービスパックのレベルをアップグレードします。
  4. 再起動します。
  5. SystemEDGE エージェントを再インストールします。

上記の手順は、記載されている順序で実行する必要があります。 SystemEDGE エージェントが依存する Windows マスター SNMP エージェントの整合性を確保するためです。このプロセスは、一度確実に実行すれば、再度実行する必要はありません。

 

エージェントを再インストールしたら、ライセンスを再適用し、 sysedge.cf ファイルの構成変更を再適用します。

Attachments

    Outcomes