TrapExploder のデバッグ設定方法

Document created by shunsuke_katakura Employee on Mar 23, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:            JTEC000268

製品名:                CA eHealth

バージョン:           5.7, 10.0, 4.8, 5.0.2, 5.6.6, 6.0, 6.1, 6.2, 5.5, 5.6, 5.6.5

OS:                      -

 

設定方法

[Windows の場合]

- %systemroot%\system32\/trapexploder.cf ファイルのデバッグ行のコメントアウトを外します

- 以下の行を trapexploder.cf のアクティブなフィルタ ステートメントの第一行として追加し、TrapEXPLODER への incoming トラップをすべてログとして残します

  filter * * * * * * file alltraps.txt

- 可能であれば、Wireshark を使って TrapEXPLODER サーバのパケット キャプチャを実行するUDP/162 をフィルタし、トラップ トラフィックのキャプチャを制限します

- TrapEXPLODER を停止し、再起動します

- 問題を再現させます

サポートに以下のデータをお送りください。

- alltraps.txt
- %systemroot%\system32\trapexploder.log
- trapexploder.cf
- パケット キャプチャの cap ファイル

[Unix 及び Linux の場合]

- /etc/trapexploder.cf ファイルのデバッグ行のコメントアウトを外します

- 以下の行を /etc/ trapexploder.cf のアクティブなフィルタ ステートメントの第一行として追加し、 TrapEXPLODER への incoming トラップをすべてログとして記録します

filter * * * * * * file alltraps.txt

- 可能であれば、 Wireshark を使って TrapEXPLODER サーバのパケット キャプチャを実行します。UDP/162 をフィルタし、トラップ トラフィックのキャプチャを制限してください

- 以下のコマンドで TrapEXPLODER を停止し、再起動します

/opt/trapx/bin//trapexploder > /tmp/trapx.log 2>&1

- 問題を再現させます

サポートに以下のデータをお送りください。

- alltraps.txt
- trapx.log
- trapexploder.cf
- パケット キャプチャの cap ファイル

  


この情報は、CA Support Online に掲載されている以下のナレッジベースを翻訳したものです。

TEC519514: How to set debug for TrapExploder (Legacy KB ID CNC TS34737 ) (公開日:2010/3/9)

CA は、お客様が本情報を利用されたことによって生じた直接または間接な問題や損害については、いかなる責任を負わないものとします。もし誤訳を発見された場合には、CA サポートまでご連絡ください。


Attachments

    Outcomes