Oracle へのデータファイル追加方法

Document created by shunsuke_katakura Employee on Mar 23, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:            JTEC000273

製品名:                CA eHealth

バージョン:           5.7, 6.0, 6.1

OS:                      -

 

概要

パーティションがフルになった場合や 32GB の制限に達した場合は、別の データファイル を追加する必要があります。 $NH_ORACLE_HOME\admin\bdump\alertEHEALTH.log を見てどの表領域が拡張できなくなっているかを確認し、 nhManageDbSpace コマンドで新しいデータファイルを追加します。

表領域への データファイル の追加、及びその追加の確認 を行うコマンド:

nhManageDbSpace [-evaluate] -add -newPath <directory> -tablespace <tablespace> -size <fileSize>

-add

-tablespace 引数で指定した表領域に データファイル を追加します。‘-add’ を使用する場合、新しい データファイル 名は指定しないでください。eHealth が適切な命名規則に従って データファイル 名をアサインします。

-tablespace <tablespace>

データファイル を追加する表領域名を指定します。 ‘-add’ を使う場合は必ずこの引数を指定してください。

-newPath <directory>

データファイル を追加するあるいは移動する先のデータベース ディレクトリ (eHealth データベースのトップレベル ディレクトリ) のパスを指定します。eHealth は指定したディレクトリ内に適切なディレクトリ構造を作成します。 ‘-add’' や ‘-move’ を使う場合は必ずこの引数を指定してください。

-size fileSize

データファイル の初期サイズをメガバイト単位で指定します。 ‘-add’ を使う場合は必ずこの引数を指定してください。

-evaluate

他のパラメータが有効かどうかを確認します。このパラメータはオプションです。指定されたパスや表領域が存在するものかどうか、指定された add や move 処理に対する推奨範囲内の十分なディスク容量があるかどうかを確認します。この変数を指定した場合、警告メッセージがあれば表示されますが、データベース への変更は行われません。

 

補足

表領域や データファイル が拡張できない代表的な原因は以下の 3 つです。

  1. ドライブ / パーティションが一杯である ( 'df -k' でディスクの使用率を確認してください )
  2. データファイル が Oracle 32DB の制限に達している ( 'nhDbStatus' で データファイル の場所を確認し、サイズを確認してください )
  3. データファイル が自動拡張できない ( この確認はサポートまでお問い合わせください )

  


この情報は、CA Support Online に掲載されている以下のナレッジベースを翻訳したものです。

TEC514690: Adding a datafile to Oracle (Legacy KB ID CNC TS17725 ) (公開日:2005/3/2)

CA は、お客様が本情報を利用されたことによって生じた直接または間接な問題や損害については、いかなる責任を負わないものとします。もし誤訳を発見された場合には、CA サポートまでご連絡ください。


Attachments

    Outcomes