CA Performance CenterのService.log 設定パラメータについて

Document created by shunsuke_katakura Employee on Mar 25, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:            JTEC000203

製品名:                CA Performance Center

バージョン:           2.x

OS:                     Linux

 

Question

CA Performance Centerの「<サービス名>Service.log」出力の設定変更はできますか?

 

Answer

CA Performance Centerのログは標準では以下の場所に存在します。
opt/CA/PerformanceCenter/<サービス名>/logs
※サービス名はDM、PC、EM、ssoです。

 

logsディレクトリ内には次の種類のログファイルが存在します。
【1】 <サービス名>Service.log ※最新のサービスログです。
【2】 <サービス名>Service.log.yyyy-mm-dd.1 ※日別に14世代分が保存され、古いものから削除されます。
【3】 wrapper.log ※Java wrapperのログです。
【4】 SingleSignOnAuditLogyyyy-mm-dd.log  [注意] SSOのみ

 

 

<サービス名>Service.logの設定は次のファイルで行います。
/opt/CA/PerformanceCenter/<サービス名>/etc/log4j.xml

 

主要なパラメータ

param name="MaxRollFileCount" value="14" ログ保存世代数
param name="MaxFileSize" value="10MB" ファイルサイズ上限
level value="INFO" ログレベル ※下記参照

 

               情報が多い ⇔ 情報が少ない
DEBUG  INFO  WARN  ERROR  FATAL

 

左側のオプションを指定すると右側の情報を含みます。
OFFを指定すると該当のログは出力されなくなります。
設定変更後は、該当のサービスを再起動すれば変更内容が反映されます。

 

◆ キーワード

log4j.xml DEBUG  INFO  WARN  ERROR  FATAL Service.log Performance Center

Attachments

    Outcomes