Linux版 エンドポイント管理の導入には32bit版エンドポイントが必要

Document created by Tomo_Fujita Employee on Mar 25, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC000176

 

製品名:Privileged Identity Manager

 

バージョン:All

 

OS:Linux

 

◆ 内容

CA ControlMinderのエンドポイント管理をLinuxに導入する際のエンドポイントは、32bitモジュールを導入する必要があります。

 

◆ 詳細内容

CA ControlMinderのエンドポイント管理をLinuxに導入する際に、事前に導入するエンドポイントは、

OS種別にかかわらず、2bitモジュールを導入する必要があります。

64bitモジュールを導入した環境にエンドポイント管理を導入すると、eacwsの起動に失敗します。

 

なお、エンタープライズ管理では、エンドポイントを事前に導入する必要はありませんが、

事前にエンドポイントを導入する場合には同様に32bitモジュールが必要です。

エンタープライズ管理の導入で同時に導入されるエンドポイントは32bitモジュールになります。

 

Linux x64環境に32bitモジュールを導入する際には、

実装ガイド [UNIX エンドポイントのインストールおよびカスタマイズ] - [はじめに] - [インストール上の注意事項]

内の記載をご参照ください。

 

Attachments

    Outcomes