登録されているエージェント名の変更方法

Document created by Yasuyuki_Miura Employee on Jun 15, 2015Last modified by shunsuke_katakura on Mar 19, 2016
Version 2Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:      JTEC001185

製品名:        CA Client Automation

バージョン:    12.5 SP1, 12.8, 12.9

OS:            Windows

 

CA Client Automation ではデフォルトでエージェントがインストールされているコンピュータのホスト名をエージェント名として登録します。
以下の手順にてエージェント名を任意の名前に変更することが可能です。

1.DSMエクスプローラで、[コントロール パネル] - [設定] - [設定ポリシー] に移動します。
2.対象のエージェントに適用されているポリシーを選択し、封印を解除します。
適用されているポリシーは、DSMエクスプローラの以下で確認可能です。
[すべてのコンピュータ] - [{対象のコンピュータ}] - [設定] - [設定ポリシー]
033060101_001.png
3.[DSM] - [エージェント]に移動します
4.[このエージェントのオペレーティングシステム名を使用] を選択して値を [いいえ] に設定します。
033060101_002.png
5.変更後、ポリシーを封印します。
6.対象のエージェントがインストールされているコンピュータにログインします。
7.タスクトレイからDSMアイコンを右クリックして、[共通エージェント] - [プロパティ]を選択します。
8.[一般]タブ - [エージェント情報] の [エージェント名] に任意の名前を設定します。
033060101_003.png
*もし[エージェント名] がグレーアウトしていた場合は、まだポリシーの変更が反映されていません。
その場合は、しばらく待ってからご確認ください。
9.

[適用]ボタンをクリックして変更を適用します。

上記を実行すると、ドメイン マネージャに対するエージェントの再登録処理も自動的に行いますので、エージェントの再起動は不要です。

尚、更新内容が反映されるまでに、数分程度の時間が掛かることがあります。

Attachments

    Outcomes