CA Service Desk Manager r12.9を使用中、殆どアクセスがないにも関わらず、「Delayed Server Response」というポップアップメッセージが頻繁に表示されてしまう。

Document created by Kaori_K Employee on Jun 16, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
文書番号JTEC000349
製品名Service Desk Manager
バージョン12.9
OSWindows

 


 

◆ Description

 

CA Service Desk Manager (CA SDM) r12.9 には、処理が完了するまでの時間が通常よりも長い場合、エンドユーザにそれを伝えるためのポップアップメッセージを表示する機能が追加されました。
エンドユーザに遅延を伝えるために、この「Delayed Server Response」 のメッセージは、デフォルトで20秒後に表示されます。
このメッセージが表示される回数を減らすための一番良い方法は、可能性のある問題や根本原因を取り除くことですが、環境(構成)を変更できず、その遅延が予測されたものである場合もあります。
この文書では、エンドユーザがこのメッセージを目にする機会が少なくなるよう、予測された遅延に対し、ポップアップメッセージが表示されるまでの時間を伸ばすための解決策を提供します。

 

◆ Solution

 

以下の行をCA SDM r12.9のNX.envファイルに追加することにより、デフォルトのタイムアウト値を増やすことができます。

@NX_EXPECTED_WEB_RESPONSE=

 

この設定には20より大きい値が指定でき、メッセージが表示されるまでの時間を秒で指定します。
NX.envファイルにこの設定を追加するためのコマンドは、以下のとおりです。

      pdm_options_mgr -c -s EXPECTED_WEB_RESPONSE -v *numeral value* -a pdm_option.inst

      例: pdm_options_mgr -c -s EXPECTED_WEB_RESPONSE -v 45 -a pdm_option.inst

 

pdm_configure実行時に変更が削除されないよう、以下のコマンドを実行することで、この値をテンプレートファイルにも同様に追加することができます。

      pdm_options_mgr -c -s EXPECTED_WEB_RESPONSE -v *numeral value* -a pdm_option.inst -t

      例: pdm_options_mgr -c -s EXPECTED_WEB_RESPONSE -v 45 -a pdm_option.inst -t

 

変更が完了したら、変更を反映させるために、CA SDMサービスの再起動を行ってください。

CA SDM 高可用性設定を採用されている場合、一般的な定期メンテナンス手順に従って新しいNX.envの値をすべてのサーバに反映させてください。

 


このドキュメントはCA Support Onlineに掲載されているナレッジベース TEC613788 を翻訳し加筆したものです。

Title: When using CA Service Desk Manager 12.9, users are often seeing a popup message "Delayed Server Response" even when usage of the environment is minima

Attachments

    Outcomes