z/OSのアップグレードに伴って各社のベンダー製品をアップグレードしたところ、以下のエラーメッセージがCAS9処理実行時に出力されていて、正常にCA1が起動できなくなりました。

Document created by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Jun 18, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC000666


 

製品名:CA 1 Tape Management

バージョン:All

OS: z/OS

 

Question


z/OSのアップグレードに伴って各社のベンダー製品をアップグレードしたところ、以下のエラーメッセージがCAS9処理実行時に出力されていて、正常にCA1が起動できなくなりました。この問題を解決する方法を教えてください。


エラーメッセージの内容(抜粋)

CAG8703E SPECIFIED DDNAME NOT FOUND.

CAG8799I FN=00000004 RC=0000000C RS=00000004 FB=0000000C DD=CAG8LIB2

CAG8299I APPLY TMSOCE1A COMPLETED. RC = 12

CAG8203I RESTORE TMSOCE43 STARTING.

CAG8207I INTERCEPTS WERE ALREADY REMOVED.

CAG8299I RESTORE TMSOCE43 COMPLETED. RC = 04

CAG8214E UNAPPLIED OSITABLE FOUND IN MEMORY.


Answer


この事象は、z/OSのデータ管理モジュールを変更してそれらのモジュールをMLPA化している場合に出力されます。

他社製品、弊社製品(CA DISK等)で対象モジュールをMLPA化している場合には、以下のいずれかの対応が必要となります。


対応方法:

(1) オペレーティング・システムのデータ管理モジュールを変更するような他社プロダクトを使用している場合やこれらの修正されたバージョンがMLPA化されている場合


  CAS9(CAIRIM)プロシージャとTMSINITプロシージャにCAG8LIB2 DDを含める必要があります。

  これらの変更の入っているすべてのMLPAデータセットを、CAG8LIB2 DDに指定しなければなりません。


(2) LPAの内容に対してSYS1.LPALIB以外のデータセット名を使用している場合

   

  CAG8LIB1 DDにこのデータセット名を指定し、CAIRIMプロシージャとTMSINITプロシージャに、このDDを含めなければなりません。 



補足:

お問い合わせいただきましたケースではCAG8799IメッセージにてCAG8LIB2が表示されておりますので、CAG8LIB2 DDをそれぞれのプロシージャに指定する必要があります。なお、この対応はCA 1のバージョンに依存することなく必要となります。

上記の情報は、『Utilities and Reports Reference GuideRelease 12.6』のL0C6INIT Utility-Initialize and Reinitialize CA 1及びTMSINITの章に掲載されております。


参考文献

Note:

If you have other vendor products which modify the operating system data

management modules and these modified versions MLPA'd, you must include the CAG8LIB2 DD

in the CAIRIM procedure and the TMSINIT procedure.

Any MLPA data set must be specified in the CAG8LIB2 DD which contains these modifications.

If you have a data set name for the contents of the LPA other than SYS1.LPALIB, you must

put that data set name in the CAG8LIB1 DD and include the DD in the CAIRIM procedure and

the TMSINIT procedure. Ensure that both the CAIRIM procedure (CAS9) and the TMSINIT

procedure have security access (READ) to the libraries containing the operating system's

data management module. If all of the open/close routines are not copied to the modified

library, then you must have SYS1.LPALIB in the concatenation with CAG8LIB1.


Attachments

    Outcomes