CAS9のCAIRIMプロシジャの機能を使って、CA 7のモジュールL2BxINITで初期化され、メモリー上に展開されたCA 7の環境を削除する方法について教えてください。

Document created by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Jun 19, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC001198

 

製品名:CA Workload Automation SE

バージョン:All

OS: z/OS

 

Question


CAS9のCAIRIMプロシジャの機能を使って、CA 7のモジュールL2BxINITで初期化され、メモリー上に展開されたCA 7の環境を削除する方法について教えてください。


Answer


OS区画上から、初期化された現在のCA 7環境を削除する必要がある場合、CAS9のCAIRIMプロシジャを実行する必要があります。実行前に以下の確認と変更を行って下さい。


1.CAS9 RIMPARMメンバーには、CA 7の製品とリリースレベルが記述されていること

   (また他の製品のステーテメントは必要ありません)


2.CAS9のプロシジャ内の、SYSFILE(L2OPTS DDに指定されているデータセット)の内容を以下のように変更します。


  GLOBAL DELETE ERASE ALL



出力メッセージ例

CAL2R006I Function successful GLOBAL DELETE

CAS9140E - Init error: CA-7 Ver L2Bx, Init routine RC=0004 are produced.


上記メッセージを伴いRC=04で終了した場合に削除が正常に終了したことになります。  

 

Attachments

    Outcomes