DAILYLOGファイルの容量不足が原因で、CAPKJMRがB37でABENDしました。対応方法について教えてください。

Document created by YOSHINORI_MOMIKI Employee on Jun 26, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC001253


製品名:CA JMR

バージョン:r4.6

OS: z/OS

 

Question


DAILYLOGファイルの容量不足が原因で、CAPKJMRがB37でABENDしました。対応方法について教えてください。



Answer


DAILYLOGファイルを拡張後に、CAPKJMRの再起動が必要です。


対応方法:

(1)B37でABENDしたDAILYログファイルをRENAMEします。(例:JOBLOG.R46.JMRyyddd.OLD)

(2)上記(1)でRENAMEしたDAILYログファイルを入力にしてIEBGENERを使って、現在の容量より大きいサイズにしてコピーします。 (※)


例:

//STEP1 EXEC PGM=IEBGENER

//SYSUT1 DD DSN=JOBLOG.R46.JMRyyddd.OLD,DISP=SHR

//SYSUT2 DD DSN=JOBLOG.R46.JMRyyddd,DISP=(NEW,CATLG,DELETE),UNIT=SYSDA,

// VOL=SER=nnnnnn,SPACE=(CYL,(xx,xx))


(3)CAPKJMRの再起動(例:S CAPKJMR.JMR)


※B37 ABENDが頻繁に発生する場合には、prefix.PPOPTION(PK46OPTN)内の”PRIMARY”と”SECDRY"の値を必要に応じて見直してください。


Attachments

    Outcomes