新規オプションコンポーネント追加時の注意

Document created by shunsuke_katakura Employee on Jun 29, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号:            JTEC001410

製品名:                CA Spectrum

バージョン:           9.1.x, 9.2.x

OS:                      Windows/Unix

 

Question

追加オプションコンポーネント購入時のインストールについて注意点はありますでしょうか?

 

Answer

新規オプションコンポーネント(例:モデリング ゲートウェイ)を購入した際は、新たに購入したコンポーネントが付属されたSpectrumキーが発行されます。
このキーにてインストールを行う場合は、ベースメディア(9.x.0.0)でのインストールが必要となります。


例えば、Spectrum 9.2.1.0 (9.2 H01) のマシンに対して、新規Spectrumキーにて付属コンポーネントをインストールする場合は、以下を実施する必要がございます。

  1. ベースメディア9.2.0.0 にて、新規Spectrumキーを使用し、再インストールを実行
  2. H01を再度インストール (9.2.1の状態に戻す為)

 

*

上記例はH01適用済みのマシンに対してのインストールのイメージです。その他集積パッチ、PTF、デバッグパッチが適用されている場合は、ベースメディアからインストール後に適用されていた集積パッチ、PTF、デバッグパッチを適用する必要がございます。

 

◆ キーワード

Spectrum キー 付属コンポーネント ライセンス 変更 再インストール

Attachments

    Outcomes