Diagnostic Tool(診断ツール)について

Document created by Kosei_Oshita Employee on Jun 30, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode
文書番号JTEC000516
製品名Service Desk Manager
バージョン11.x
OSWindows

 


 

テクニカルサポートでは、サービスデスクの障害、問題の調査に必要な資料を自動的に収集するDiagnostic Toolを用意しております。下記の手順にてご使用ください。Diagnostic Toolは本ドキュメントの添付ファイルをダウンロードして下さい。

 

  1. 下記URLからpslistをダウンロードしてください。zipファイルにいくつかのファイルが存在していますが、Diagnostic Toolで使用するのは、pslist.exeだけですので、pslist.exeをpathの通っている任意のフォルダにコピーしてください。
    https://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/bb896682.aspx
  2. support_diag_v1_3.tar.gz」を解凍して、下記の手順を行ってください。
  3. supp_diag.tar.gzを解凍します。diagフォルダが作成され必要なファイルが全てそこに保存されますので、$NX_ROOTの直下にそのdiagフォルダを置いてください。
  4. $NX_ROOT\diag\bin\supp_diag.cmdを$NX_ROOT\binにコピーします。
  5. $NX_ROOT\binが環境変数の「PATH」に登録されているか確認してください。登録されていない場合は登録をお願いします。
  6. コマンドプロンプトより 「pdm_logstat -a 300」 を実行
  7. コマンドプロンプトより 「pdm_logfile -b 5000000」を実行してstdlogの最大ファイルサイズを5MB以上にする。
  8. 問題を再現させます。
    再現後は、「pdm_logstat -a」でログレベルを通常モードに戻します。pdm_logfileによるstdlogのファイルサイズの変更については、今後のlog提供の考慮を踏ま えまして、そのままにしておいて結構です。もし、小さいサイズにしたいということであれば、手順#9で、supp_diag.cmdによる資料収集とCA への送付が完了してから行ってください。
  9. supp_diag.cmdコマンドをコマンドプロンプトから実行します。
    下記は、supp_diag.cmd実行時に出力される内容の例です。最後のようにプロンプトが返りましたら終了となります。
    C:\Program Files\CA\Service Desk\diag\rpt>supp_diag.cmd
    NX_ROOT set to C:\PROGRA~1\CA\SERVIC~1

    =====================================================

    Welcome to CA Diagnostic Report Tool.

    This tool collects diagnostic information required
    by CA Customer Support for diagnosing problems
    with Service Desk product.

    This tool requires Service Desk Server to be
    installed and configured successfully before
    running it. This tool should be run on all primary
    and secondary Service Desk server installations.

    ====================================================

    Wed Sep3 17:16:20 2008: Data collection started for Service Desk Version r11.2 ( t11LOC21 2007-10-15T10:31:12 )
    Wed Sep3 17:16:20 2008: oshko03ref1: This is a primary server installation using SQL as backend DB.
    Wed Sep3 17:16:20 2008: Gathering Product Install Information
    Wed Sep3 17:16:21 2008: Gathering Installed Software Features for Service Desk
    Wed Sep3 17:16:21 2008: Dumping Service Desk Registry Keys
    Wed Sep3 17:16:34 2008: Gathering IP Configuration Information
    Wed Sep3 17:16:34 2008: Gathering Process List Information
    Wed Sep3 17:16:34 2008: Gathering Dr Watson Configuration Information
    Wed Sep3 17:16:35 2008: Gathering Machine Information
    Wed Sep3 17:16:35 2008: Gathering Event Logs - CSV format
    Wed Sep3 17:16:38 2008: Gathering System Diagnostics
    MSINFO32.EXE - System Diagnostic Report
    This may take several minutes to complete. Please wait...
    SYSTEMINFO.EXE - System Information Report
    ECHO は <OFF> です。
    Wed Sep3 17:17:57 2008: Gathering CA Licensing information
    Wed Sep3 17:17:57 2008: Gathering Service Desk information
    Wed Sep3 17:17:58 2008: Generating Service Desk Install Directory Listing
    Wed Sep3 17:17:58 2008: Data collection completed
    Wed Sep3 17:17:58 2008: Preparing CAZ package
    Wed Sep3 17:18:01 2008: oshko03ref1_20080903171758.caz package successfully created under C:\PROGRA~1\CA\SERVIC~1/diag/rpt directory.

    Do you want to send the diagnostic zip file to the CA FTP site?
    Type "y" for yes, or "n" to quit. [y|n] >y←プロンプトが返るので「y」を選択して実行し、CAのFTPサーバへの送信に進みます。後で手動により送る場合は、「n」を選択し、Diagnostic Toolを終了します。「n」を選択した後の情報については、この記事の最後にご説明させて頂きます。

    =============================

    Welcome to CA FTP

    This script uploads the diagnostic files to
    CA issue FTP site automatically and will
    prompt the user to enter your CA Site ID,
    CA Contact number and Issue number.

    Site ID:122
    CA contact Number: 16190531
    CA issue Number: 1

    NOTE: The FTP directory for the issue should
    already exist for the upload to be successful.
    Otherwise, please contact CA Customer Support to
    create this directory for you and then re-run the
    following command to upload the file to CA.
    pdm_perl $NX_ROOT\diag\bin\caftp.pl <Complete directory path\filename>

    =============================

    Enter your Site ID: 0xxxxxx←7桁のお客様のSiteIDを入れます。受け取っているSiteIDが6桁しかない場合は、先頭に0(ゼロ)をつけてください。
    Enter your CA Contact Number: xxxxxxxx←該当する8桁のコンタクト番号を入れます。
    Enter your CA Issue Number: XX←issue#を入れます。 i.e.) 01, 02,....

    Start uploading C:\PROGRA~1\CA\SERVIC~1\diag\rpt\oshko03ref1_20080903171758.caz
    toftpu.ca.com/incoming/0565456/17321102-01

    Finished Uploading file
    C:\PROGRA~1\CA\SERVIC~1\diag\rpt\oshko03ref1_20080903171758.caz
    to ftpu.ca.com/incoming/0565456/17321102-01 sucessfully.

    C:\Program Files\CA\Service Desk\diag\rpt>

 

FTPサーバに指定したサイトIDとコンタクト番号のパスが存在していない場合は、下記のエラーが返りますので、後から手動にて、作成されたcazファイルを正しいFTPパスへアップロードしてください。

Could not cwd to /incoming/xxxxxxx/00000000-00 at
C:\PROGRA~1\CA\SERVIC~1\diag\bin\caftp.pl line 71, <STDIN> line 3.

 

supp_diag.cmdコマンド実行中に、取得資料をFTPサーバに送らなかった場合、下記フォルダに*.cazファイルが作成されておりますので、こちらを弊社テクニカルサポートまでお送りください。

 

 

# FTPについてはお客様用のディレクトリを用意する必要がございますので、
# 弊社テクニカルサポートにご連絡頂くか、SupportOnlineユーザガイド(26ページ)に
# ございますようにFTPサイトをお客様で作成して頂く必要がございます。
# SupportOnlineユーザガイドは「CA Support Onlineのご案内」からダウンロードをしてください。

C:\Program Files\CA\Service Desk\diag\rpt

Attachments

Outcomes