添付ファイルをダウンロードする時ファイル名の先頭の何文字かが欠落する

Document created by Kosei_Oshita Employee on Jul 1, 2015Last modified by shunsuke_katakura on Apr 1, 2016
Version 2Show Document
  • View in full screen mode
文書番号JTEC000518
製品名Service Desk Manager
バージョン11.x
OS

Windows

Internet Explorer 6.0 sp1 及びsp2

Internet Explorer 7.0

 


 

◆ 質問

 

下記のようにインシデント詳細画面の添付ファイルタブより、登録されているファイルのダウンロードをしようとすると、先頭の文字が欠落されて、ファイル名が認識されてしまいます。


#  下記画面は、ドメインに参加していないワークグループのWindows XP上で、ユーザ
#  Administratorで、Windows XPにログインして操作した時のものになります。

036010034_01.jpg

 

 

◆ 回答

 

この動作はInternet Explorerの制限になります。切り落とされる文字数はInternet Explorerのバージョン、その時ログインしているユーザのユーザ名の桁数に依存します。

Internet Explorerはダウンロードするファイルをインターネット一時フォルダにキャッシュする仕様になっています。その際、インターネット一時フォルダ内の キャッシュファイルのパスの長さには制限があります。このパスの長さを変更することは仕様上できない旨、マイクロソフト社より報告されております。

 

#インターネット一時ファイルの保存先は、インターネットオプションの全般タブにある
#「インターネット一時ファイル」にある設定ボタンから確認できます。「設定」ダイアロ
#グで、「現在の場所」を確認することができます。

 

 

下記のパスはWin2000/XP/2003のデフォルトのパスになります。

ドライブ名:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Local Settings\Temporary Internet Files\Content.IE5\<半角8文字のランダムな文字列>\<ダウンロードするファイル名>[1 から始まる連番数字].拡張子

 

「ドライブ名:」を抜かしたパスの長さと、ファイル名の先頭文字の欠落については、下記のような関係がございます。

Internet Explorer 6.0 sp1/sp2については、キャッシュパスの長さが257byteまでは正常ですが、258byte以上になりますと、256byteに切り詰められるように、ファイル名の先頭が256byteとの差分だけ切り落とされます。

Internet Explorer 7につきましては、キャッシュパスの長さが255byteまでは正常ですが、256byte以上の長さになりますと、255byteに切り詰められるように、ファイル名の先頭がその差分だけ切り落とされます。

 

マイクロソフト社が提示している回避方法は以下の2点のいずれかになります。

  1. インターネット一時ファイルのフォルダを短いパスに設定を変更する。
  2. パスの長さの制限値を超えてしまうような長いファイル名を使用しない。

 

  #1の手順(インターネット一時ファイルのフォルダを短いパスに設定を変える)について

  1. [ツール] メニューの [インターネットオプション]→[全般] タブ
  2. [インターネット一時ファイル] のセクションの [設定] ボタンをクリック。
  3. [フォルダの移動] ボタンをクリックして、パスの短いフォルダを指定。

Attachments

    Outcomes