[レートマトリクスの抽出]ジョブページのパラメータ[レートマトリクスデータを準備]および[レートマトリクスデータを更新]の機能(Niku KB ID:7885)

Document created by Hatori_Tomomichi Employee on Jul 2, 2015Last modified by Hatori_Tomomichi Employee on Jul 2, 2015
Version 2Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC001664

対象製品: CA Clarity 7.x

プラットフォーム: Windows

 

◆ 質問

  [レートマトリクスの抽出]ジョブページのパラメータ[レートマトリクスデータを準備]および[レートマトリクスデータを更新]の機能を教えてください。

 

◆ 回答

これらの新しいパラメータが追加される前は、質問のジョブが実行されると、 NBI_PROJ_RES_RATES_AND_COSTS テーブルが一度切り捨てられ、最新のレート情報を使用して再構築されていました。

データセットのサイズが大きい場合、テーブル情報の再構築に数分から数時間かかる場合がありました。この間、プロジェクトからは情報にアクセスできなくなり、結果としてリソースのレートが 0 になっていました。

Clarity 7.5.3 で上記の 2 つの新しいパラメータが追加され、 NBI_PROJ_RES_RATES_AND_COSTS テーブルのデータがスケジューラからいつでも利用できるようになりました。

パラメータ[レートマトリクスデータを準備]は、 NBI_PROJ_RES_RATES_AND_COSTSCP テーブルを最新のレート情報で更新します。データによって、更新に数秒から数時間かかる場合があります。この間も、プロジェクトから NBI_PROJ_RES_RATES_AND_COSTS テーブル内のレート情報にアクセスできます。

パラメータ[レートマトリクスデータを更新]は、 NBI_PROJ_RES_RATES_AND_COSTSCP テーブルの内容を NBI_PROJ_RES_RATES_AND_COSTS テーブルにコピーします。コピーの完了までにかかる時間は数秒程度です。

このようにしてレートマトリクスの抽出ジョブが完了すると、スケジューラに最新のレート情報が反映されます。


キーワード
========
レートマトリクスの抽出ジョブ、パラメータ、レートマトリクスデータを準備、レートマトリクスデータを更新

 


このドキュメントは米国サポートサイトに掲載されているナレッジベース: TEC439334 を翻訳し、加筆したものです。

TITLE : On the 'Rate Matrix Extraction' job page, what do the parameters 'Prepare Rate Matrix Data' and 'Update Rate Matrix Data' do (Niku KB ID: 7885)

Attachments

    Outcomes