XOG-IN時の自動採番番号の付与方法について

Document created by Hatori_Tomomichi Employee on Jul 3, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC001695

対象製品: CA Clarity12.x Clarity 13.x

プラットフォーム: Windows

 

◆ 概要説明

XOGを使用して、カスタムオブジェクトのカスタム属性について自動採番項目を含むインスタンスの登録を行ないました。
Clarity V8.Xにおいて正常にXOG-INできていたXMLファイルを使用してV12.x環境下で同様の手順でXOG-INしたところ、自動採番項目が「00000000」となりました。

自動採番を機能させ、XOG-INを行う方法はございますでしょうか?


◆ 解決策

ストックオブジェクトのカスタム属性の場合のみ、対象となるxmlのOverrideAutoNumberingに"FALSE"を追加することでXOG-IN時に自動採番番号が付与することが可能となります。
これは12.0以降に取り入れられた機能であり、デフォルトではOverrideAutoNumbering=TRUEが設定されております。

 

XOGの使用例:
12.xと13.xでは指定方法が異なりますので、ご注意ください。

12.x
<NikuDataBus xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:noNamespaceSchemaLocation="../xsd/nikuxog_customObjectInstance.xsd">
<Header action="write" externalSource="NIKU" objectType="customObjectInstance" version="12.1.0.5849" overrideAutoNumbering="false"/>
<customObjectInstances objectCode="some_object_code"/>
</NikuDataBus>

13.x
<NikuDataBus xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:noNamespaceSchemaLocation="../xsd/nikuxog_customObjectInstance.xsd">
<Header action="write" externalSource="NIKU" objectType="customObjectInstance" version="13.0.0.7032">
<args name="overrideAutoNumbering" value="false"/>
</Header>
<customObjectInstances objectCode="some_object_code"/>
</NikuDataBus>

Attachments

    Outcomes