BGをクローン化した際のJavaメモリ設定について

Document created by Hatori_Tomomichi Employee on Jul 3, 2015
Version 1Show Document
  • View in full screen mode

文書番号: JTEC001706

対象製品: CA Clarity12.x Clarity 13.x

プラットフォーム: Windows

 

◆ 質問

BGをクローン化(BG2)した場合、CSAの画面におけるJava VM パラメータの設定箇所は一か所で「-Xms512m -Xmx512m 」となっています。
これは、BGとBG2を合わせて、512MB × 2 = 1024MBのメモリを使用しているということでしょうか?

 

※properties.xmlのBG部分は下記のようになっています。

<backgroundServer jvmParameters="-Xms512m -Xmx512m -verbose:gc -Xloggc:c:¥niku¥clarity¥logs¥bg-gc.log -XX:+PrintGCTimeStamps -XX:+PrintGCDetails" programParameters=""/>
<jobSchedulerServer>
<jobSchedulerInstance id="bg" serviceName="Niku Background Server" runJobScheduler="false" maxConcurrentJobs="10" runProcessEngine="true"
messageTimeToLive="120" messageReceiverInterval="5"exceptionRunInterval="normal" serviceUser="" servicePassword="" autoStartService="false"/>
<jobSchedulerInstance id="bg2" serviceName="Niku Background Server 2" runJobScheduler="true" maxConcurrentJobs="10" runProcessEngine="false" messageTimeToLive="120"
messageReceiverInterval="5" exceptionRunInterval="normal" serviceUser="" servicePassword="" autoStartService="false"/>
</jobSchedulerServer>


◆ 回答

properties.xmlのBG部分においては、Javaのメモリ設定項目は一つしかございませんが
BGをクローン化(BG2)した場合は定義されているメモリ設定項目が反映されますので、
BGとBG2を合わせて512MB × 2 = 1024MBのメモリを使用しているとの理解で問題ございません。

Attachments

    Outcomes